旅行に関するアンケート調査(第4回) 

2017年10月25日
マイボイスコムは、4回目となる『旅行』に関するインターネット調査を2017年9月1日~5日に実施し、10,705件の回答を集めました。

【調査結果TOPICS】

■直近3年間の国内旅行経験者が、最も印象に残った旅行の目的は、「温泉」「自然名所観光」「歴史名所旧跡観光」「グルメ、食べ歩き」「家族旅行、家族との親睦」が3~4割
■海外旅行経験者は7割弱。意向は6割強で2014年より減少

【調査結果】

◆直近3年間の旅行経験
直近3年間に旅行に行った人は7割強、「国内旅行・1泊」が50.7%、「国内旅行・日帰り」「国内旅行・2泊」が3~4割です。男性20代では、旅行に行っていない人が4割弱と他の年代より高くなっています。

◆最も印象に残った国内旅行の目的
直近3年間の国内旅行経験者が、最も印象に残った旅行の目的は、「温泉」「自然名所観光」「歴史名所旧跡観光」「グルメ、食べ歩き」「家族旅行、家族との親睦」が3~4割です。「温泉」「家族旅行、家族との親睦」は、高年代層で比率が高くなっています。女性20・30代では、「グルメ、食べ歩き」「温泉」「レジャー施設」が上位3位です。

◆国内旅行の目的地選定時の重視点
直近3年間の国内旅行経験者の目的地選定時の重視点は、「観光地・名所旧跡、温泉、レジャー施設など、行きたいところがある」「景色・景観、自然」「交通の便、移動距離」が4~5割、「宿泊先がよい」「予算内で行ける」「その土地の食・特産品などを楽しむ」が各20%台です。20・30代では、「景色・景観、自然」の比率が低くなっています。印象に残った国内旅行別にみると、日帰り旅行に行った人では「交通の便、移動距離」が1位です。3泊以上の人では「景色・景観、自然」の比率が高くなっています。

◆国内旅行に関する情報収集源
直近3年間の国内旅行経験者の情報収集源は、「旅行情報サイト、宿泊予約サイトなど」「旅行関連ガイドブック・雑誌」「検索サイト、ニュースサイト」が各3割、「旅行会社、鉄道・航空会社、宿泊施設などのWebサイト」「旅行会社などのパンフレット、カタログ」「家族や友人・知人」が各2割です。「ブログ、SNSなど」は若年層、「旅行会社などのパンフレット、カタログ」は50代で比率が高くなっています。

◆海外旅行の経験、意向
プライベートで海外旅行に行ったことがある人は7割弱、男性20代では3割、女性20代では5割、男性50代以上や女性40代以上では7~8割となっています。回数は、「6回以上」「3~5回」が各2割です。

海外旅行に行きたい人は63.4%、2014年と比べて減少しています。海外旅行に行きたい人は、直近3年間に海外旅行に行った人では9割強、直近3年間に国内・海外旅行に行っていない人では4割強です。

◆海外旅行に行ったことがない理由
海外旅行回数が0~1回の人に、行ったことがない理由を聞いたところ、「お金に余裕がない」が約45%、「時間に余裕がない」「治安面・衛生面で不安」「海外に興味がない・よくわからない」「外国語が話せない」が各20%台です。「治安面・衛生面で不安」は、女性の比率が高くなっています。「時間に余裕がない」は女性20代、「飛行機に長時間乗りたくない」は女性50代以上で比率がやや高い傾向です。


【調査概要】
調査対象:「MyVoice」のアンケートモニター
調査方法:インターネット調査(ネットリサーチ)
調査時期:2017年09月01日~09月05日
回答者数:10,705名
調査機関:マイボイスコム株式会社

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP