白髪に関する意識調査(20歳~59歳の女性対象) 

2017年10月20日
ホーユーは、全国の女性600名(20歳~59歳)を対象に「白髪に関する意識調査」を実施いたしました。

【調査サマリー】

(-20代~50代女性を対象に-)
①白髪のある女性の74.2%が30代までに“初白髪”を経験していることが判明!
なんと“初白髪女子”が30代から増加傾向にあることが明らかに!
・自分の頭髪に白髪を発見したことがある女性を対象に「初めて白髪を発見した年齢」を調査したところ、74.2%の女性が30代までに“初白髪”を発見していたという結果が明らかに。その中でも30代で白髪を発見するのは36.6%というデータも。
・”初白髪女子”が30代女性で増加し、白髪ケアの重要性が高いと考えられます。

(-30代~40代女性を対象に-)
②「自分の頭髪に白髪を見つけたことがある」と回答した女性の約半数(54.5%)が、行動に変化があると回答。
白髪が気になる時の行動変化ランキングでは「鏡を見る回数が増える」などの直接的な行動の他に、髪型を気にしたり、他人の白髪を探しだす人も!
・「白髪が気になっている時の行動変化」に関して質問したところ、半数以上の54・5%の女性が変化があると回答。
・行動変化ランキングは、1位「鏡を見る回数が増える」2位「髪をアップにできないなど、髪型に気を使う」3位「髪を触る回数が増える」「髪を小物で隠す」「無意識に他人の白髪を探す」というデータが判明。
・白髪を見つけてしまうと、女性らしい細かな変化が起きたり、他人の白髪も気になってしまう女性もいるようです。

③約9割の女性が白髪にネガティブイメージを持っていることが浮き彫りに。
回答理由1位「老けてみえるから」に続き、「苦労していそう」や「疲れてみえる」が上位にランクイン!
・白髪に対するイメージを調査したところ89.0%がネガティブなイメージを持っていることが判明。
・その理由は1位「老けて見える」(79.8%)2位「苦労していそうな感じがする」(41.2%)3位「疲れてみえる」(39.3%)となっており、若い女性で白髪のケアをしていない女性は、「老けてみえる」他にも様々なネガティブイメージを与えてしまっている可能性があります。

④市販の白髪染めを使用したくない理由1位は「自分よりもっと年上の人が使うものだから」
2位「白髪よりも黒髪の方が多いから」3位「どの商品を使ったらいいのかわからない」がランクイン!
・「白髪染めを使用したくない理由」を調査したところ、1位は「自分よりもっと年上の人が使うものだから」
(27.3%)2位「白髪よりも黒髪の方が多いから」(22.4%)3位「どの商品を使ったらいいのかわからない」(21.7%)というランキングに。白髪染めは「自分よりも年齢が上の女性が使うもの」という意識や、「そもそもどの商品を使ったらよいか分からない」という意見も多くなっています。

⑤使いたい白髪染めの特徴ランキングTOP3は「低刺激・ニオイが気にならない」「黒髪も白髪もキレイな髪色に仕上がる」「好きな髪色が選べる(カラーバリエーションが豊富)」!
・「どのような市販品の白髪染めであれば使いたいか」を調査したところ、1位は「低刺激・ニオイが気にならない」(50.7%)2位が「黒髪も白髪もキレイな髪色に仕上がる」(43.3%)「好きな髪色が選べる(カラーバリエーションが豊富)」(41.0%)というランキングに。
・市販品の白髪染めに求められる要素は、低刺激はもちろん、この世代の女性が求める白髪染めの特長として、黒髪も白髪もキレイに染まることや色の豊富さが重要となっております。

【調査結果】

白髪のある女性の74.2%が30代までに“初白髪”を経験していることが判明!
なんと“初白髪女子”が30代で増加傾向にあることが明らかに!

まず、「あなたは自分の頭髪の中に白髪を見つけた経験はありますか。」という質問に対して、「ある」と回答した女性が76.3%という結果が明らかになり、当然のごとく女性の多くは白髪を発見したことがあるということが分かります。続いて、白髪を発見したことがある女性を対象に「あなたが初めて、自分の頭髪の中に白髪を見つけたのは何歳ごろですか。」という質問では、74.2%の女性が30代までに白髪を発見していることが判明しました。また、その中でも30代で白髪を発見したという女性は全体の36.6%と最も多くなっています。

「自分の頭髪に白髪を見つけたことがある」と回答した女性の約半数(54.5%)が、行動に変化があると回答。白髪が気になる時の行動変化ランキングでは「鏡を見る回数が増える」などの直接的な行動はもちろんのこと、「髪をアップにできないなど、髪型に気を使う」などの女性らしい細かな変化や、「無意識に他人の白髪を探す」という、他人のことまで気になってしまう女性もいるということが判明。

 自分の頭髪の白髪を見つけたことがあると回答した半数以上の女性が、白髪を発見した後に何かしらの行動変化があると回答しています。また、30代~40代女性の行動変化ランキングは次の通りです。
1位「鏡を見る回数が増える」(26.2%)、2位「髪をアップにできないなど、髪型に気を使う」(14.9%)、3位「髪を触る回数が増える」「髪を小物で隠す」「無意識に他人の白髪を探す」(14.0%)
“初白髪女子”は、自分の頭髪に白髪を見つけてしまうと、「自分に消極的な行動を起こしてしまうこと」に加えて、「他人の白髪への関心度も高まる」ことが考えられます。

約9割の女性が白髪にネガティブイメージを持っていることが浮き彫りに。回答理由1位「老けてみえるから」に続き、「苦労していそう」や「疲れてみえる」が上位にランクイン!

 「あなたは同世代の女性の白髪に対してどのようなイメージをお持ちですか」という調査を実施。「どちらかというとネガティブなイメージ」(51.3%)、「ネガティブなイメージ」(37.7%)と89.0%の女性が白髪に対してネガティブなイメージを持っていることが判明しました。
 また、どのようなイメージを持っているかも質問したところ、1位「老けて見える」(79.8%)2位「苦労していそうな感じがする」(41.2%)3位「疲れてみえる」(39.3%)という結果となり、白髪があると「老けてみえる」他にも様々なネガティブイメージを与えてしまっているという現状が浮き彫りになっています。

市販の白髪染めを使用したくない理由1位は「自分よりもっと年上の人が使うものだから」2位「白髪よりも黒髪の方が多いから」3位「どの商品を使ったらいいのかわからない」がランクイン!

 「市販品の白髪染めを使いたくない」と回答した女性を対象に「市販品の白髪染めをしない理由」を調査したところ、1位は「自分よりもっと年上の人が使うものだから」(27.3%)、2位は「白髪よりも黒髪の方が多いから」(22.4%)、3位は「どの商品を使ったらいいのかわからない」(21.7%)というランキングに。
 自分がそもそも白髪染めを使う年齢ではないという意見や、そもそも白髪よりも黒髪が多いから白髪染めを使いたくない(使わない)という意見が多い一方で、「そもそもどの商品を使ったらいいか分からない」という意見も多く、白髪染めの商品の特徴をあまり理解できてないという現状が見えてきています。

使いたい白髪染めの特徴ランキングTOP3は「低刺激・ニオイが気にならない」「黒髪も白髪もキレイな髪色に仕上がる」「好きな髪色が選べる(カラーバリエーションが豊富)」!

 「あなたは、どのような市販品の白髪染めであれば、使っても良いと思いますか?」を調査。1位は「低刺激・ニオイ」が気にならない」(50.7%)、2位は「黒髪も白髪もキレイな髪色に仕上がる」(43.3%)、3位は「好きな髪色が選べる(カラーバリエーションが豊富)」(41.0%)がランクイン。4位は「白髪染めでも、明るい髪色が楽しめる」(27.0%)と続いている。
 低刺激でニオイが気になることはもちろん、女性が白髪染めに求めるものは「カラーバリエーション」と「いかにキレイに染まるか」、「白髪でも明るい色を楽しみたい」が重要な要素であることが明らかになっています。


「ホーユー調べ」

【調査概要】
「白髪に関する意識調査 」
・調査方法: インターネットアンケート調査
・調査実施機関: 株式会社ネオマーケティング
・調査実施期間: 2017年9月26日~9月28日
・対象地域: 全国
・対象者: 20歳~59歳女性 計600名

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP