海外渡航時のインターネット利用に関する調査 

2017年10月18日
エクスコムグローバルは、海外渡航時のインターネット利用に関して調査を実施いたしました。

【調査結果】

①  10月19日は海外旅行の日。海外渡航に不安はある?
なんと、約65%の方が海外渡航に対して不安を抱えているという結果に。
それでは、どのようなことが不安要素となっているのでしょうか。

② 海外渡航時の不安って?
1位 言語
2位 盗難等のトラブル
3位 急な病気やケガ
4位 現地の治安
5位 衛生面
6位 食事
7位 人との待ち合わせ等
8位 道に迷わないか

③ 海外渡航時の不安を解消してくれるのは?
1位 通信手段
2位 スマートフォン
3位 海外旅行保険
4位 クレジットカード
5位 翻訳機

言葉が通じないことや、もしもの時にどう対応すればよいかがわからないといったことが、不安要素となっているようです。翻訳や検索ができ、様々な不安を解消してくれるスマートフォンやスマートフォン等を利用するための通信手段が、海外渡航時の不安を解消してくれるという結果になりました。
では実際、海外でインターネット利用した人々は、不安を解消できたのでしょうか。

④ 海外でインターネットが利用できることで、不安は解消した?
約98%の方が、海外でインターネットが利用できたことで、不安が解消したと回答しました。
では、実際に海外渡航中にインターネットを利用する方はどれぐらいいるのでしょうか。

⑤ 海外渡航中にインターネットを利用しますか?
2016年は、海外渡航時にインターネットを利用すると答えた方は半数以下でしたが、2017年は過半数という結果になりました。背景には、上記②のような不安解消をはじめ、「撮影した写真をその場でSNSに投稿したい」というインスタブーム等、様々な利用方法が考えられますが、海外にいてもインターネットを利用することが一般化してきていることが伺えます。
またこの1年で、海外渡航時のインターネットの利用方法には、以下のような変化が見られました。

⑥ 海外渡航時のインターネット利用方法について
この1年での利用者数の伸び率としては、第1位:公衆無線LAN(有料)が318%、第2位:WiFiルーターレンタルサービスが272%、第3位:ホテルのWiFiスポット(有料)が207%という結果になりました。
有料サービスを利用してインターネット接続をする方が2倍以上増加しています。

この1年で、海外渡航時にインターネットを利用する方が過半数になり、なおかつ、有料でもインターネットを使用したいという人々が増加していることがわかりました。


【出典:「イモトのWiFi」調べ】

【調査概要】
■調査対象
①~④:イモトのWiFiメルマガ会員の男女368名
⑤~⑥:20歳以上の海外旅行経験のある男女4,000名
■調査方法
①~④:インターネット調査(イモトのWiFiメルマガ活用)
⑤~⑥:インターネット調査(調査会社の登録モニター活用)
■調査期間
①~④:2017年8月1日~2017年8月31日
⑤~⑥:2016年9月29日~2017年8月23日

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP