「おそろコーデ」に関する調査(15~34歳の男女対象) 

2017年10月18日
「アメリカンイーグル アウトフィッターズ」(アメリカンイーグル)を日本で運営するイーグルリテイリングは、「おそろコーデ」をテーマに調査を行いました。
若年層を中心に流行している「おそろい」を楽しむコーディネート“おそろコーデ”。こうしたコーディネートの実態について、15~34歳の男女500名に調査を実施しました。

【調査結果】

■“おそろコーデ”経験率は半数近くに! 経験者の75%が「楽しい」と回答

まず、“おそろコーデ”の経験率を調査したところ、45%と半数近くが「経験アリ」と回答。
年代別で見ると、15~19歳:46%、20~24歳:51%、25~29歳:45%、30~34歳:39%となり、25~34歳の“アラサー”世代でも、42%が“おそろコーデ”の経験があるようです。
“おそろコーデ”経験のある人に“おそろコーデ”に対する印象を聞いてみると、75%が「楽しいと思う・盛りあがれると思う」、60%が「一体感が生まれると思う」と回答しました。
さらに、どのようなシーンでおそろコーデをしたことがあるか聞くと、「学校行事・ライブ・パーティーなどのイベント時」が66%、「テーマパークに行く時」が58%という結果に。一方、「街中で買い物や食事をしたり遊んだりする時」は33%と、日常での“おそろコーデ”のハードルの高さがうかがえます。
また、「普段、街中で“おそろコーデ”をすることに対する心情」をきいた質問では、おそろコーデ経験者の73%が「全身は抵抗があるが、一部なら問題ない」を選んでおり、一部分のみの“一部おそろ”なら受け入れやすいようです。

■デニム素材なら街中でも“おそろ”できる!? 8割以上が“おそろデニム”を支持

そこで、どのような“一部おそろ”が人気なのか探るべく、「色を揃える」「素材を揃える」「柄を揃える」「ブランドを揃える」の4つの“一部おそろ”について「街中でも気にせず楽しめると思う」ものを聞いてみたところ、「素材を揃える」(39%)が1位に。
さらに、1位になった「素材」について、詳しく調査しました。どの素材なら“おそろ”を「街中でも気にせず楽しめると思う」か、「デニム」「サテン」「ファー」「ベロア」「革」「ジャージー」の6つに関して聞いてみたところ、「デニム」(40%)が1位という結果に。また、「さりげなく楽しめると思う」(60%)、「年齢にこだわらず楽しめると思う」(50%)、「場所を気にせず楽しめると思う」(38%)、「人目を気にせず楽しめると思う」(39%)の4項目でも「デニム」が1位を獲得しました。「デニム」は多くの人にとってなじみの深い素材であることが、取り入れやすさに影響しているのかもしれません。
あらためて、デニム素材を共通アイテムとしてコーディネートする“おそろデニム”について聞いてみると、8割以上が「他のコーデと比べてチャレンジしやすい」(83%)と答えており、デニムの人気の高さがうかがえる結果となりました。
理由としては「一見ペアルックなどには見えなくても、みんなが一緒にいればお揃いになるため、さりげなさとおしゃれさと一体感が生まれるから」(19歳・女性)、「デニムは結構普段から取り入れている人が多いので」(34歳・女性)、「パンツとシャツ、色などの種類が豊富なので、目立ち過ぎずに楽しめそう」(27歳・男性)などの回答がありました。


【調査概要】
調査名:おそろコーデに関する意識・実態調査
調査期間:2017年9月28日(木)~10月1日(日)
調査対象:15~34歳の男女500名(年代・性別均等割付)
調査方法:インターネット調査

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP