イマドキ男女の洗濯白書 2017(20~39歳 未・既婚男女対象) 

2017年10月19日
ライオンは、生活をする上で避けられない家事のひとつである『洗濯』に対する 20~30歳代の実態について調査を行いました。その結果、未婚者と既婚者、男性と女性の間で思わぬギャップが浮き彫りになりました。 

<調査結果>

●未婚の男女の半数が「自分で洗濯をしている」。既婚男性の5人に1人以上が、「結婚後も自分の洗濯は自分でしている」 
●マメに洗濯をしている未婚男性は意外に多い?「毎日あるいは週4~6日」洗濯している未婚女性は48%に対し、未婚男性は 60% 
●「衣類を分け洗いしている」のは既婚女性で 64%、未婚女性で 48%。男性では、「(洗い分けをし ているのかどうか)わからない」人が3割 
●「服」を洗う時には、何でも洗濯機の通常(標準)コースで洗っている人が多数派 
●洗濯で失敗経験も・・・。全般的にお洗濯の基礎知識が「わからない」自覚あり 
●未婚男女が、結婚前に知っておきたい家事の第2位は「洗濯(46%)」 
●既婚男女の夫婦げんかの原因になる家事のトップ3は「育児(16%)」、「掃除(15%)」、「洗濯(13%)」

【調査結果】

1.未婚の男女の半数が「自分で洗濯をしている」
そして、既婚男性の5人に1人以上が「結婚後も自分の洗濯は自分でしている」

普段、自分の洗濯物(下着などを含め)は主に誰が洗濯をしていますか、と聞いたところ、未婚の男女の5割が自分で洗濯をしていました。そして、既婚男性の5人に1人以上(22%)が「結婚した今も、自分の洗濯は自分でしている」と回答していました【図1】。
自分で洗濯をしている男女に、洗濯をし始めた時期について聞いたところ、最も多いのが「社会人になってから」(51.9%)で、次いで「大学生の頃」(29.2%)でした【図2】。

2.マメに洗濯をしている未婚男性は意外に多い?
「毎日あるいは週4~6日」洗濯している未婚女性は 48%、未婚男性は 60%

普段、洗濯をする頻度を聞いたところ、既婚者は「毎日あるいは週4~6日」洗濯する人が 7 割以上(女性 82.2%、男性 72.7%)でした。「毎日あるいは週4~6日」洗濯している未婚女性は 48%、未婚男性は 60%でした。また未婚の男女ともに1割弱(8%)の少数派ですが、洗濯は2週間に1回、またはそれ以下という人もいました【図3】。

男性では、「(分け洗いをしているのかどうか)わからない」人が3割
お気に入りの衣類やデリケートな衣類を普通の洗濯物と分け洗いしているのは既婚女性の 64%で、未婚女性も半数弱(48%)でした。男性で分け洗いをしている人は 30%以下となり、3割の人が、「(分け洗いをしているのかどうか)わからない」と回答しています【図4】。

4.「服」を洗う時には、何でも洗濯機の通常(標準)コースで洗っている人が多数派

「服」を洗濯機で洗う時に、どのコースを使うか聞いてみると、「ニット・セーター」や「スカート」で『手洗い/ドライコース』の使用率が高まるものの、大多数は『通常(標準)コース』が使われています【図5】。

5.一方、洗濯で失敗経験も・・・。全般的にお洗濯の基礎知識が「わからない」自覚あり

これまでの洗濯での失敗経験を聞いてみると、最も多いのは「色が落ちた」、次いで「サイズが変わった」でした【図6】。

1位 色が落ちた/色が変わった 39.5%
2位 サイズが変わった 32.5%
3位 毛玉ができた 22.5%
4位 衣類がヨレヨレになった 20.0%
4位 他の衣類に色がうつった20.0%

自由回答で「洗濯で知っておきたいことはありますか?」「今まで洗濯で困ったことはありますか?」を聞いたところ、男女問わず「洗い方そのものがわからない。」「素材別の洗い方や失敗しない洗い方を知りたい」という回答があり、洗濯に関する基礎知識が不足している実態がうかがえました。
実際に「洗濯機には洗剤を入れるケースがある」「衣類には洗濯表示が必ずついている」「衣類によって最適な洗剤がある」などの洗濯の失敗を防ぐための基本的な知識に対し、「よくわからない・知らない」と答えた割合は、それぞれ 31%、42.5%、52.5%でした【図7】。

6.未婚男女が、結婚前に知っておきたい家事で「洗濯」は第2位
未婚男性が結婚後に積極的に協力したい家事では「炊事」「育児」に次いで「洗濯」

未婚の男女に、結婚前に知っておきたい家事を聞いたところ「炊事」(60%)が1位でしたが、「洗濯」(46%)はそれに次ぐ2位でした【図8】。
また未婚男性に、結婚後に積極的に協力したい家事を聞いたところ、同率1位の「炊事」「育児」(共に 38%)に次いで、「洗濯」「掃除」「買い物」(共に 36%)が並びました【図9】。

7.既婚男女が、夫婦で分担している家事のトップ3は、「育児(29%)」、「掃除(25%)」、「洗濯(21%)」
一方、夫婦げんかの原因になる家事のトップ3も同じく「育児(16%)」、「掃除(15%)」、「洗濯(13%)」

既婚男女に、夫婦で協働、分担して行っている家事を聞いたところ、「育児(29%)」、「掃除(25%)」、「洗濯(21%)」がトップ3でした【図 10】。そして、配偶者との夫婦げんかのきっかけになった家事のトップ3も同様の順位でした【図 11】。これから家事分担をしていくにあたっては、お互いにまず家事の基礎を知り、やり方を共有化するなどのコミュニケーションをとっておくと、夫婦げんかを減らすことができるのかもしれません。


【調査概要】 
・調査期間: 2017 年7月 13 日~7月 14 日 
・調査方法: インターネット調査(未回答は除いて集計) 
・調査対象: 全国の 20~39歳 未・既婚男女計 200 人(未婚女性 50 人、既婚女性 50 人、 未婚男性 50 人、既婚男性 50 人) 

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
リンク先リサーチPDF
 マイページ TOP