冷凍食品に関するアンケート調査 

2017年10月18日
ソフトブレーン・フィールドは、「レシーポ」および、クレディセゾンと共同事業で運営する「レシートで貯める」の、「Point of Buy(R)購買理由データ」(以下POB会員)アンケートモニターを対象に、「冷凍食品に関する調査」を2017年10月5日(木)~10月8日(日)にかけて実施しました。

[調査トピックス]

■冷凍食品の利用頻度は、「月に2~3回」の方が26.3%でもっとも多く、7割以上の方が「月に1回以上」利用する。
■冷凍食品は、約9割の方がスーパー(店頭)で購入し、割引価格で購入する方が76.4%を占める。
■利用目的は、簡単に調理できる手軽さや利便性。
■冷凍食品を食べるシーンは「夕食」が半数以上。お弁当(26.5%)よりも多い。
■日頃買い置きしている冷凍食品のベスト3は、1位が「からあげや竜田揚げ(26.9%)」、2位が「餃子(26.2%)」、3位が「野菜類(22.9%)」である。
■1年前と比較して利用する頻度が増えた理由は、1位は、「おいしくなった」と回答した方が、24.1%で、2位は、「調理時間を短縮したいから」と回答した方が、21.4%、3位は、「お弁当を作るようになったから」と回答した方が、17.7%である。
■今後購入してみたい冷凍食品は、「家庭で専門店の味」と回答した方が31.9%でもっとも多い。


 冷凍食品を利用する頻度については、「月に2~3回」と回答した方が、26.3%でもっとも多く、次に「週に2~3回」と回答した方が、24.1%でした。7割以上の方が、月に1回以上利用している結果となり、冷凍食品が食卓の強い味方になっていることが言えます。
 次に、冷凍食品の購入先について聞いてみました。

 冷凍食品の購入先については、1位は「スーパー(店頭)」で購入すると回答した方が、89.4%であり、2位の「生協などの宅配(12.4%)」、3位の「ドラッグストア(12.0%)」を大きく引き離す結果となり、9割近くの方がスーパー(店頭)で、購入していることがわかりました。
 次に、冷凍食品を購入する際の価格について聞いてみました。

 冷凍食品を購入する際の価格については、「割引価格で購入する」と回答した方が、76.4%を占め、「定価で購入する」と回答した方は、わずか13.4%であり、特売や割引を利用して購入することが大多数であることがわかりました。
 次に、冷凍食品を利用する目的について聞いてみました。

 冷凍食品を利用する目的については、「簡単に調理できるから」と回答した方が、43.7%であり、次いで「お弁当のおかずとして」と回答した方が、37.1%、「一品足りないとき・追加したいとき手軽に調理できる」と回答した方が、35.5%でした。
 毎日の食事やお弁当に、誰でも簡単においしく調理ができる手軽さや、「加熱調理するだけ」あるいは「自然解凍」で食べることができる利便性を理由に利用されていることがわかりました。
 次に、冷凍食品を食べるシーンについて聞いてみました。

 冷凍食品を食べるシーンについては、「夕食」と回答した方が、56.4%でもっとも多く、次いで「昼食」と回答した方が、44.6%であり、「お弁当」と回答した方が、26.5%でした。
お弁当のおかずとして、需要が高いとされる冷凍食品も、夕食の一品になる「ハンバーグやコロッケ」から、主婦の方のランチや一人暮らしの方に重宝する、一食完結型の「パスタやチャーハン」、おやつや小腹が空いたときには、「パンケーキ」など、メーカーから様々なカテゴリの商品が販売されています。
 また、セブン&アイのPB(プライベートブランド)セブンプレミアムを始め、コンビニでも冷凍食品が豊富に展開され、開発にも力を入れており、消費者は、充実したメニューの中から、あらゆる業態で冷凍食品を購入することができ、今後ますます利用シーンが広がることが予想されます。
 次に、日頃、買い置きしている冷凍食品について聞いてみました。

 日頃買い置きしている冷凍食品のベスト5は、1位が、「からあげや竜田揚げ(26.9%)」、2位が、「餃子(26.2%)」、3位が、「野菜類(22.9%)」、4位が、「うどん(22.7%)」、5位が、「チャーハン(17.4%)」でした。
 家庭で作る際に、一から材料を揃えると手間や調理にコツが必要なメニューから、料理に栄養バランスや彩りを与えてくれる野菜類などをストックしている方が多いことがわかりました。
 次に、一年前と比較して冷凍食品を利用する頻度が増えた方と回答した547名(N=普段冷凍食品を利用する3,885名)を対象に、その理由を聞いてみました。

 一年前と比較して冷凍食品を利用する頻度が増えた理由については、1位は、「おいしくなったから」と回答した方が、24.1%で、2位は、「調理時間を短縮したいから」と回答した方が、21.4%、3位は、「お弁当を作るようになったから」と回答した方が、17.7%でした。
 瞬間冷凍や真空調理など、食材の品質を落とさず調理する技術によりおいしさが向上したことや、忙しいときにも効率的に、毎日の食事の作りをこなすための時間短縮の手段として、冷凍食品を利用する頻度が増えたと言えます。
 次に、今後購入してみたい冷凍食品について聞いてみました。

 今後購入していみたい冷凍食品については、「家庭で専門店の味」と回答した方が全体の31.9%でもっとも多く、特に60代(36.7%)と30代(35.3%)に好まれる傾向が高く、「味の素のザ★チャーハンのCMを見てあまりにもおいしそうで購入しました。冷凍食品は自分では真似できない専門店の味を求めて購入しています(30代男性)」という声がありました。
 次いで、「カロリーや塩分カット」と回答した方が、全体の25.2%で、「糖質オフ」と回答した方は、全体の19.7%であり、それぞれ幅広い年代からの支持を集め、「ダイエット中なので、カロリーや糖質オフの商品が増えるとうれしい(30代女性)」や、「味が濃いものが多い。塩分控えめにしてほしい(40代 男性)」などの声がありました。
 また、「大容量パック」と回答した方は、全体の14.8%であり、「からあげや、餃子など日頃利用するメニューは内容量を多くしてほしい(20代男性)」など、特に20代(25.0%)に好まれる傾向が高いことがわかりました。
 一方で、最近様々な食品で広がりをみせている、「機能性表示食品(全体の9.8%)」については、割合が低く、発売されている商品数も少なく冷凍食品のイメージとして定着していないことが、理由として考えられます。

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP