2017年度CDレンタル店調査 

2017年10月13日
日本レコード協会は、2017年度CDレンタル店実態調査を実施し、報告書としてとりまとめました。
当協会では、全国のCDレンタル店の実態調査(当協会調査員による訪店調査)を毎年実施しており、今年で34回目となる。
調査方式は店舗規模・業態を勘案したサンプル調査により、今年は、全国900店(全店2,184店:2017年6月末現在)の訪店調査を行った。

[調査概要]
調査期間:2017年4月1日~6月30日
調査方法:対象店舗への訪店調査(店舗規模・業態を勘案したサンプル調査による調査方式)
調査店数:全国900店 
※サンプル調査のため、在庫総数は調査結果を基に全店規模を推計

【調査サマリー】

・1店舗あたりのCD平均在庫数 20,866枚(前年比1.9%増)

・1店舗あたりの店舗面積 904平方メートル(前年比3.7%増)
(内訳)
CDレンタル 78平方メートル
DVDレンタル 318平方メートル
その他* 507平方メートル(前年比6.5%増)

・全国のCDレンタル店舗数 2,184店(2017年6月現在。昨年6月末時点の2,243店より59店減少)

【2017年の特徴】

1.CDレンタル店の店舗数と店舗面積

CDレンタルの店舗数は、1989年末の6,213店をピークに減少傾向にあり、今年も前年比2.6%減の2,184店となった(図-1)。これは1989年末と比べて35%の水準である。

また、店舗面積は前年比3.7%増の904平方メートルとなった。内訳は、CDレンタルが78平方メートル、DVDレンタルが318平方メートルとほぼ前年並み、一方、その他が前年比6.5%増の507平方メートルとなり、CDレンタル店におけるCDやDVDのレンタル以外の書籍・コミックのレンタル・販売等のサービスの拡大傾向が続いている(図-2)。

2.レンタル用CDの在庫状況

今年度のレンタル用CDの在庫状況は、アルバムを中心に微増した。シングルの1店舗当たりの平均在庫数は、1,115枚と前年比7.5%の減少となったが、アルバムの平均在庫数は、19,751枚と前年比2.4%の増加となり、その結果、1店舗当たりのレンタルCD平均在庫数は、前年比1.9%増の20,866枚となった(図-3(a))。

一方、調査店の合計を営業店数に換算して算出した総在庫数は営業店舗数の減少の影響もあり、シングルで前年比10.0%減の2,435,068枚、アルバムでも前年比0.2%減の43,135,762枚となり、シングル・アルバムの合計では、45,570,830枚と前年比0.8%減の減少となった(図-3(b))。

なお、CDの在庫規模による店舗数分布をみると、在庫数15,000枚以上の在庫店は、前年の68.6%から前年比1.7%減の66.9%となり、大型在庫店の比率拡大は一段落した模様(図-3(c))。

3.レンタル用ビデオの在庫状況

レンタル用ビデオの在庫数は、引き続き拡大傾向にあり、DVDの在庫数で、前年比6.8%増の60,123枚となった。また、ビデオテープのレンタルも一部の店舗で引き続き継続中である(図-4)。

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP