高齢者の大掃除に関する意識・実態調査 

2017年10月12日
ダスキンは、全国の20歳以上の男女計4,160人を対象に、2016年末の大掃除の実態をインターネット調査しました。今回、そのうちの832人の高齢者(60歳以上)の意識・実態についてまとめました。

【調査結果】

2016年末の大掃除実施率は49.0%で、2014年末の54.9%、2015年末の53.7%と比べて年々減少しています。

また、還暦を過ぎてから掃除に負担を感じるようになった場所は、1位は「レンジフード・換気扇」(52.2%)、2位は「窓・網戸」(36.8%)、3位は「エアコン」(28.2%)、4位は「照明器具」(27.8%)と“高所” が上位にランクインしました。さらに、掃除に負担を感じるようになった理由については、約6割の人が「イスや脚立を使った高所の掃除に不安を感じる」と回答しました。

別居している自分の子どもや子どもの配偶者に「家の大掃除を手伝ってもらいたいか」について尋ねると、“自分の長男”に「手伝ってほしい」人は35.8%、“自分の長女”では33.6%、“自分の長男の妻”では20.8%、“自分の長女の夫”では16.6%でした。

実子に手伝ってほしい人が多いものの、義理の子どもに手伝ってもらいたい理由には、「おしゃべりがしたいから」や「みんなで大掃除をしたという達成感を味わいたい」、「交流になる」などが挙がり、 “掃除を通してコミュニケーションを取りたい”と考えている高齢者がいることがわかりました。さらに、中でも“男性(長男および長女の夫)”には、「重い物を持ったり、高い所の掃除を手伝ってもらえると助かる」や「体力的に力を貸してほしい」など高齢者が掃除で負担を感じる場所のサポートを求める回答が挙がりました。


【調査概要】
調査目的:2016年末の大掃除についての意識と実態の把握
調査対象:20歳以上の男女
調査地域:全国(エリア区分:北海道・東北・関東・中部・近畿・中国・四国・九州)
調査方法:インターネットリサーチ
調査時期:2017年1月27日(金)~1月30日(月)
サンプル数:4,160サンプル〔うち高齢者(60歳以上)832人〕

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP