トマトに関する意識調査(20~60代男女対象) 

2017年10月05日
タキイ種苗は、10月10日の「トマトの日」にちなんで、子どもから大人まで好きな野菜No.1*で、健康や美容効果に期待が集まるトマトについて、20~60代の男女300名を対象に、「トマトに関する意識調査」を実施しました。 *2017年8月タキイ種苗調べ

今回の調査では、「トマトが好き」と回答した人は84.0%にのぼり、改めてその人気ぶりが証明
される結果となりました。また、9割の人が「トマトは健康によいイメージがある」と回答し、約4割が「野菜(栄養)不足を感じて、まず食べるのがトマト」と回答するなど、トマトの“健康イメージ”はますます定着しているようです。健康と美容効果が期待できるリコピンやシスリコピン、カロテンなどの成分が強化された機能性成分を多く含むトマトの摂取意向は約85%となり、健康・美容効果への期待が高まっているようです。
トマトの美容効果については、「美容のためにトマトを摂取する」(31.7%)、「美容と健康に欠かせない野菜として思い浮かぶのは、トマト」(41.3%)など、前年度に比べて期待が高まっていることがわかりました。

【調査結果 Topics】

■ 6割以上が「野菜不足」実感。約4割が「野菜不足を感じたらまずトマト」!
「野菜(栄養)不足を感じている」は62.3%で、38.0%が「野菜(栄養)をとるにはまずトマトを食べる」と回答しました。

■ トマトが「健康によい」イメージを持つ人が9割!「美容によい」期待も高まる
90%が「トマトは健康によい」イメージ。約5割が「美容と健康によく手軽にとれるトマトを毎日摂取したい」と回答。

■ トマトの好きな食べ方No.1の「サラダ」と、トマト料理と聞いてイメージする国 3位の「日本」レシピを紹介!
「好きなトマト料理」第1位の「サラダ」と、「トマト料理と聞いてイメージする国」第3位にランクインした「日本」。和食のおいしいトマトの食べ方を、タキイのおすすめレシピでご紹介します。

【調査結果詳細】

1. トマトに関する基礎資料

国民的人気野菜No.1!日本人の8割以上が「トマト好き」!
 トマトが好きか嫌いか聞いたところ、「好き」(54.3%)、「どちらかといえば好き」(29.7%)を合せると84.0%となり、「トマト好き」の割合は昨年度の80.3%から上昇しました。タキイ種苗の「野菜と家庭菜園に関する調査」(2017年8月)では、トマトが大人、子ども両方から「好きな野菜」のNo.1に選ばれたこともあり、トマトは国民的に一番人気のある野菜だということがわかりました。

トマトの「健康的なイメージ」や「栄養面」にも注目が集まる
トマトが「好き」と回答した人に、その理由をたずねてみたところ、「おいしいから」(77.8%)と回答した人が最も多く、続いて「健康によいと思うから」(40.5%)、「リコピンが豊富だから」(36.5%)、「栄養があると思うから」(33.7%)がランクインしました。
トマトは「おいしさ」はもちろん、豊富な栄養素にも注目が集まり、健康面からも好まれているということがわかりました。

7割以上が「週に1回以上」、2割が「ほぼ毎日」トマトを食べている! 
 トマトの摂食頻度に関する質問では、72.3%*の人が「週に1回以上食べる」と回答しました。「毎日」(7.3%)、「ほぼ毎日」(13.3%)を合せると20.6%と、2割以上はほぼ毎日トマトを食べる習慣があるようです。
*「毎日(7.3%)」「ほぼ毎日(13.3%)」「週の半分以上(23.0%)」「1週間の内1~2日(28.7%)」の合計。

購入の際には「価格」、「形・見た目」、「味」を重視 
 購入するトマトの選び方についての質問では、「価格」(63.0%)、「形・見た目」(50.0%)に次いで「味」(39.0%)が多い回答となりました。

2. トマトに関する意識項目

約85%が「積極的に食べたい!」。健康・美容面から期待が高まる機能性成分含量の高いトマト
通常のトマトより、リコピンやシスリコピン、カロテンの含有量が多いトマトがあった場合、積極的に摂取したいと思うかを聞いてみたところ、「積極的に食べたい」と回答した人は84.7%*にのぼり、昨年度から2pt上昇し、健康志向や美容効果への期待がさらに高まっていることを感じさせる結果となりました。
*  「思う」(37%)「どちらかといえば思う」(47.7%)の合計。

6割以上が「野菜不足」実感。約4割が「野菜不足を感じたらまずトマトを食べる」
「野菜(栄養)不足を感じている人」は62.3%*1と、昨年度調査から2pt微減しましたが、
「野菜(栄養)不足を感じて、まず食べるのがトマト」と回答した人は約4割(38.0%*2)と、「野菜(栄養)をとるにはまずトマト」という認識も一定数あるようです。
*1 「あてはまる(25%)」「ややあてはまる(37.3%)」の合計。/*2 「あてはまる(10.7%)」「ややあてはまる(27.3%)」の合計。

トマトが「+健康によい」イメージを持つ人が9割!「美容によい」期待も高まる
「野菜不足を感じている人」以外の項目では、全ての質問項目において前年度より「あてはまる」「ややあてはまる」計の割合が上昇し、トマトの健康・美容効果への期待が高まっていることがわかる結果となりました。
健康面では、「トマトは健康によいイメージがある」と90.0%*1の人が回答し、前年度から5pt上昇しました。
また、トマトの美容効果への期待は全体的に高まっており、「美容のためにトマトを摂取するようになった」(31.7%*2)は6.4pt、「美容と健康に欠かせない野菜として思い浮かぶのは、トマト」(41.4%*3)は5.4pt、「美容と健康によく手軽にとれるトマトは毎日摂取したい」(49.0%*4)は2.3p、「美肌やシミ防止に、栄養素が豊富なトマトを摂取したい」(48.6%*5)は4.3ptと、それぞれ前年度より上昇しました。
「美肌やシミ防止に、栄養素が豊富なトマトを摂取したい」は、女性に限定してみると66.7%*6にのぼり、前年度より6pt上がっており、特に女性の間でトマトの「美容効果」への期待と摂取意向が高まっていることがわかりました。

*1 「あてはまる(43.7%)」「ややあてはまる(46.3%)」の合計。
*2 「あてはまる(7.7%)」「ややあてはまる(24.0%)」の合計。
*3 「あてはまる(8.7%)」「ややあてはまる(32.7%)」の合計。
*4 「あてはまる(12.7%)」「ややあてはまる(36.3%)」の合計。
*5 「あてはまる(13.3%)」「ややあてはまる(35.3%)」の合計。
*6 「あてはまる(18.0%)」「ややあてはまる(48.7%)」の合計。

3. トマトの食べ方

好きなトマト料理No.1は「サラダ」!
 好きなトマト料理を聞いたところ、「サラダ」(76.3%)が圧倒的に多く、最も愛されていることがわかりました。2位「パスタ」(41.3%)、3位には「スープ」(24.3%)が続き、多様な料理でトマトを楽しんでいるようです。

「生食」が人気のトマト
 「トマトをどのように食べるのが好きか」を聞いたところ、「生」(53.0%)、「生・加熱、両方」(28.7%)を合せると81.7%と多く、サラダが一番の人気料理だったことからも、日本では生でトマトを食べるのが好きな人が多いことがわかります。

トマト=「イタリア」の強いイメージ!「日本」は3位にランクイン!
 「トマト料理と聞いてどの国を思い浮かべますか」という問いでは、84.3%の人が「イタリア」と回答し、「イタリア=トマト」の強い イメージがわかりました。3位には「日本」(11.3%)がランクインし、和食のメニューでもトマトが親しまれていることが窺えます。

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP