訪都旅行者数等の実態調査 

2017年09月19日
東京都では、観光産業振興に向けた施策を推進するための基礎資料として訪都旅行者数等に関する調査を実施しています。今回、平成28年訪都旅行者による経済波及効果及び平成29年1月から3月までの訪都旅行者数(速報値)をまとめました。

【調査結果のポイント】

1 訪都旅行者による経済波及効果(平成28年1月~12月)

平成28年1月から12月までに訪都旅行者が都内で消費した金額(観光消費額)は約5.7兆円(前年比4.6%減)であり、その観光消費額が都内経済に及ぼす生産波及効果は約11.1兆円(同4.7%減)となった。

2 平成29年1月から3月の訪都旅行者数(速報値)

平成29年1月から3月までに東京を訪れた旅行者は、外国人旅行者数が約324万人(前年同期比1.9%増)で、1月~3月期としては過去最高を記録した。
また、日本人旅行者数は約1.3億人(同0.2%増)で、1月~3月期としては過去最高となった。

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP