テレビタレントイメージ2017年8月度調査 

2017年09月25日
ビデオリサーチは、年2回「テレビタレントイメージ調査」を実施しています。この度、第90回調査(2017年8月度)の結果がまとまりましたのでお知らせします。

男女タレント人気度ベスト3

男性タレント人気度
1位 明石家 さんま
2位 阿部 寛
3位 マツコ・デラックス

女性タレント人気度
1位 新垣 結衣
2位 浅田 真央
3位 天海 祐希

<男性タレント> 
明石家 さんま、阿部 寛から首位を奪還
嫌われキャラから人気者へ、出川 哲朗17位に
ドクターヘリで羽ばたいた!山下 智久47位へ急上昇!

明石家 さんまは2011年2月調査で1位を獲得して以来、6年ぶりの首位に立ちました。多数のレギュラーテレビ番組を抱えながら、今期は29年ぶりにラジオ番組「明石家さんまオールニッポン」のパーソナリティも務めるなど、大御所となってもその勢いは止まらないようです。

今回17位にランクインした出川 哲朗は冠番組「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」が4月よりゴールデンに昇格するなど、一時期の嫌いなタレントのイメージは変貌、すっかり人気者になっています。

また、人気ドラマのシーズン3「コード・ブルー ~ドクターヘリ緊急救命~」に出演し、50位圏外から47位へ急上昇した山下 智久は、最も人気度がアップしたタレントでした。

<女性タレント> 
上位の顔ぶれが変わり、新垣 結衣が初の首位獲得。
プライベートも充実、佐々木 希は48位へ上昇!

新垣 結衣が初の1位を獲得、昨年主演したドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」のヒットに続き、今期は山下 智久と共に月9ドラマ「コード・ブルー」へ出演、高い人気をキープしています。

また、佐々木 希はアンジャッシュの渡部 建との結婚が話題となり女性からの支持がアップ、前回87位から50位圏内に初登場しました。

※グループを調査対象にする際は、メインボーカルの性別を基準にして男女を決定しています。

2017年8月度 人気度上位20

男性タレント人気度上位20
全体N=565

順位 タレント名 人気度
1 明石家 さんま 54.7
2 阿部 寛 52.6
3 マツコ・デラックス 51.3
4 博多華丸・大吉 47.6
5 内村 光良 46.7
6 イチロー 46.4
6 所 ジョージ 46.4
8 サンドウィッチマン 44.2
9 阿部 サダヲ 43.9
10 タモリ 43.7
10 岡田 准一 43.7
12 福山 雅治 43.5
12 大泉 洋 43.5
14 さまぁ~ず 43.4
15 山田 孝之 42.7
16 相葉 雅紀 42.3
17 出川 哲朗 41.9
18 タカアンドトシ 41.2
18 小栗 旬 41.2
20 長瀬 智也 40.9
(%)

女性タレント人気度上位20
全体N=565

順位 タレント名 人気度
1 新垣 結衣 52.2
2 浅田 真央 49.4
3 天海 祐希 48.8
4 綾瀬 はるか 45.3
5 DREAMS COME TRUE 43.0
6 深田 恭子 42.7
7 石原 さとみ 41.2
8 渡辺 直美 40.9
9 イモトアヤコ 40.5
10 北川 景子 39.5
11 吉永 小百合 38.9
12 いきものがかり 38.2
13 上戸 彩 38.1
14 37.5
15 いとう あさこ 37.2
16 米倉 涼子 37.0
17 吉田 羊 36.8
18 有村 架純 36.5
19 石田 ゆり子 35.8
20 ローラ 35.2
20 宇多田 ヒカル 35.2


【調査概要】
調査期間:2017年7月29日(土)~8月6日(日)
調査地域:東京駅を中心とした半径30km圏
調査対象者:満10歳~69歳の男女個人
有効標本数:1,130人
(男性タレントに対して565人が 女性タレントに対して565人が回答)
標本抽出法:エリア・ランダム・サンプリング法 
調査方法:訪問による質問紙留置法
調査タレント数:男性タレント500人、女性タレント500人の計1,000人

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP