「ハロウィン」に関する女性の意識実態調査 

2017年10月04日
エスビー食品と、サンケイリビング新聞社は「ハロウィン」に関する女性意識や実態を調査しました。

【調査結果】 

ハロウィンの時期にイメージする料理は、定番がない…!?
「クッキー」 「グラタン・ドリア」「スープ」「パイ」は横並びの値で突出したメニューがない結果に。

ハロウィンイベントを楽しんでいる人は、全体の71%とハロウィン行事が定着していました【グラフ1】。
次に「ハロウィンの定番料理・メニューでイメージするものがあるか」を聞いたところ、83%の方が「ある」【グラフ2】と回答しました。具体的には上位は「クッキー」「グラタン・ドリア」「スープ」「パイ」とあがったが、どれも横並びの値で突出して定番化しているものがない結果に。【グラフ3】。

ハロウィン料理を作る人は、こだわりをもちつつも“簡単さ”を重視!

ハロウィンの時期にハロウィンにちなんだ料理・お菓子を作る人に重視することを聞いたところ、トップ3は

1位「かぼちゃなど旬の食材を使う」 72.4 %
2位「見た目がかわいい」 72.1%
3位「簡単にできて作りやすい」62.6%

と、食材、見た目をこだわりながらも、“簡単さ”を 重視していることがわかりました。【グラフ4】

ハロウィンに興味はあるけどやっていない理由は、“準備の面倒さ”が最多に。

ハロウィンに興味はあるがやっていない人に理由を聞いたところ、「料理や飾りつけの準備が面倒くさいから」が最多で約半数の方が回答しました 【グラフ5】。
準備の面倒さが解消される簡単な料理や飾りつけの提案ができると、ハロウィンを楽しむ人がもっと増えるかもしれません。


【調査概要】
調査期間:2017年9月1日~9月10日
調査方法:Webアンケート
集計数:1478人(女性に限定し集計。個別設問では不明・非該当を除いて集計)

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP