ファンデーションに関する調査(20代女性対象) 

2017年09月29日
カネボウ化粧品のメイクブランド「KATE(ケイト)」では、20代女性100人を対象に、ファンデーションに関する調査を行いました。

【調査結果サマリー】

20代女子の8割は「薄付きメイク肌」が好き、普段から実践している

◇ファンデーションであまり隠さず素肌感を残した「薄付きメイク肌」の好感度は84.0%。一方、ファンデーションでしっかりカバーした「きちんとカバー肌」の好感度は61.0%。20代女子は薄付きメイク肌が好き。
◇「薄付きメイク肌」好きの20代女子、普段のベースメイクは、「顔全体にファンデーションを薄く塗ったメイク」(55.0%)がトップ。

しかし、20代女子の7割が肌に自信がなく、8割以上がファンデーションの失敗経験あり

◇「薄付きメイク肌」好きが多い一方、自分の肌に「自信がない」(72.0%)20代女子が7割も。不可欠なメイクアイテムは「下地」(63.5%)、「アイブロウ」(52.1%)、「ファンデーション」(43.8%)と、ポイントメイクより下地やファンデーションで肌を隠す方を優先?
◇20代女子の86%がファンデの失敗経験あり。「肌の色と合わなかった」「肌悩みが隠せなかった」がツートップ。

実は、20代女子から見て印象美人度が高いのは、「きちんとカバー肌」

◇薄付きメイク肌ときちんとカバー肌の写真を比較すると、約8割(モデル①:82.0% モデル②:79.0%)が、きちんとカバー肌の方が、「美しい」と感じる。
◇具体的な印象について、薄付きメイク肌は「ナチュラル」、「かわいい」が高いのに対し、きちんとカバー肌は「上品」「清潔」「明るい」「美しい」など、多くの項目で高ポイントを獲得。自分がしたいベースメイクもきちんとカバー肌に軍配。


<調査概要>
調査時期:2017年8月28日(月)~29日(火)
調査方法:インターネット調査
調査対象:全国の20代女性100人

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP