「高度プロフェッショナル制度」についての調査(ビズリーチ会員対象) 

2017年09月25日
ビズリーチは、政府の「働き方改革」関連法案で議題にあがっている「高度プロフェッショナル制度※」について、ビズリーチ会員806名(平均年収約960万円)を対象に調査を実施しました。その結果、平均年収約960万円のビジネスパーソンの8割以上が「賛成」という結果となりました。賛成理由として、「時間ではなく成果で評価されるべき」や「個人の労働生産性が上がることで会社にとってもメリットがある」などの意見があがりました。

※高度プロフェッショナル制度とは:年収1,075万円以上の専門職を対象に、労働時間ではなく成果に基づいて賃金を払う仕組み。

【調査結果】

年収約960万円のビジネスパーソン8割が「高度プロフェッショナル制度の導入に賛成」

Q: あなたは年収1,075万円以上の専門職を対象に、労働時間ではなく成果に基づいて賃金を払う「高度プロフェッショナル制度」に賛成ですか?
 賛成 37%
 どちらかといえば賛成 46%
 どちらかといえば反対 13%
 反対 4%

賛成の理由:「時間ではなく成果で評価されるべき」「生産性が上がり、会社にとって良い」

Q: 賛成の理由を教えてください。(複数回答可)
 時間ではなく、成果で評価されるべきと考えるから 73%
 正当に評価されるのであれば生産性が上がり、会社にとって良いから 62%
 自分のペースで働くことができるから 41%
 効率的に仕事をし、家族と一緒の時間を大切にしたいから 41%
 趣味や勉強の時間に当てる時間をつくることができるから 22%
 長時間労働が是正されるから 17%

反対の理由:「正当に評価されるとは考えにくい」

Q: 反対の理由を教えてください。(複数回答可)
 成果報酬型にしても正当に評価されるとは考えにくいから 76%
 長時間労働が当たり前となるから 61%
 賃金の抑制につながるから 38%
 既に裁量労働制で勤務しており、導入のメリットが考えづらいから 26%

約5割が、固定時間制度で勤務

Q: 勤務先の労働時間制度を教えてください。
 固定時間制度 49%
 裁量労働制度 25%
 フレックスタイム制度 26%


【調査概要】
実施期間:2017年9月4日~9月8日
対象:ビズリーチ会員のビジネスパーソン:806名
年齢:20代(4%)、30代(23%)、40代(35%)、50代(32%)、60代以上(6%)
男女比:男性85%、女性15%
平均年収:962万円

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP