フォトジェニック消費に対する小売店の意識調査 

2017年09月19日
ラクーンが運営する卸・仕入れサイト「スーパーデリバリー」は、会員小売店を対象に、フォトジェニック消費(*)に対する小売店の意識調査を行いました。

調査の結果、全体の8割を超える小売店が、「写真映えが商品の売れ行きに影響を与えている」と感じていることがわかりました。回答のあった小売店のうち、81%が東京・大阪以外の地域に位置していることから、フォトジェニック消費は全国的に広がりをみせているといえます。
(*)インスタグラムをはじめ「ソーシャルメディアで写真映えするかどうか」が基準となり、旅先や商品の購入を決める消費行動のこと。20代女性~ミレニアル世代を中心に広がる。

【調査結果のポイント】

1.8割を超える小売店が、写真映えの良さが商品の売れ行きを左右していると回答。フォトジェニックを意識した消費行動は小売店にも影響を与えている。
2.インスタグラムやフェイスブックなど、SNSの写真を参考に仕入れを行ったことがある小売店は約4割。今後も仕入れの情報源として利用が広がると考えられる。
3.インスタグラムのアカウント保有率は45%程度。運用経験のある小売店の約8割は、集客や売り上げに効果を感じている結果に。

【調査結果】

■商品の写真映えが仕入れに与える影響

【設問1】写真映えを意識して仕入れを行ったことがありますか?(有効回答数:486)
仕入れをする際に、商品の写真映えを意識しているか調べた結果、「意識している」小売店が39%、「意識していない」小売店が61%という結果となりました。実際に意識している小売店からは、写真映えする明るい色や模様を選択するほか、巷で話題の商品や、思わず写真を撮ってSNSに投稿したくなる商品を選ぶ、といった声が寄せられました。

■写真映えが左右する売れ行き

【設問2】写真映えの良さが商品の売れ行きを左右していると感じることはありますか?(有効回答数:472)
写真映えと売れ行きの関連性を「とても感じる」「時々感じる」と回答した小売店は全体の8割を超えています。次いで、写真映えと売れ行きには関連を「あまり感じない」が11%、「全く感じない」が1%、「よくわからない」との回答が6%でした。フォトジェニックを意識した消費行動は、実際に小売の現場で行われており、写真映えが良い商品が売れるという実感を小売店が抱いていることがわかります。

■SNSは仕入れの情報源になるのか

【設問3】インスタグラムやフェイスブックなどのSNSにアップされている写真を参考に仕入れをすることがありますか?(有効回答数:474)
SNSを参考に仕入れをしている小売店は全体の39%という結果になりました。現時点では約4割にとどまっていますが、利用者の増加が進んでいることから、今後も情報源としての価値が高まっていくと予想されます。

■中小小売店のインスタグラム利用状況

【設問4】お店ではインスタグラムの運用をしていますか?(有効回答数:473)
小売店のインスタグラム利用状況を調べたところ、アカウントを保有している小売店は全体の約4割となりました。詳細としては、「運用している」と回答した小売店は34%、「アカウントはあるが投稿していない」と回答した小売店は9%という結果がでています。

■インスタグラムの運用効果

【設問5】設問4で「運用している」と回答された方は、インスタグラム経由で売り上げや集客につながったことはありますか?(有効回答数:163)
インスタグラムを運用している小売店のうち、47%の小売店が「集客に効果があった」と回答。また、「売り上げに効果があった」と回答した小売店も同じく47%でした。一方で、「集客や売り上げには変化がない」と回答した小売店は23%となっています。約半数が集客や売り上げに影響を感じている結果となりました。


【調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2017年5月29日~6月20日
調査対象:スーパーデリバリー会員(全国47都道府県及び海外の中小小売店)
最大有効回答者数:486

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP