新聞の折込チラシの閲覧に関するアンケート調査(第3回) 

2017年09月21日
マイボイスコムは、3回目となる『新聞の折込チラシの閲覧』に関するインターネット調査を2017年8月1日~5日に実施し、11,206件の回答を集めました。

【調査結果TOPICS】

■新聞購読者(6割強)のうち、折込チラシを見る人は9割弱。「ほぼ毎日見る」が6割弱
■電子チラシの利用経験者は5割弱

【調査結果】

◆直近半年間の折込チラシの閲覧頻度
新聞購読者(6割強)のうち、折込チラシを見る人は9割弱です。「ほぼ毎日見る」は56.9%、女性40代以上では7割を占めます。20代では、「たまに見る程度」が4割でボリュームゾーンです。

◆内容をよく読む折込チラシのジャンル、折込チラシがきっかけで購入・利用したジャンル
内容をよく読む折込チラシは、「スーパー」がチラシを見る人の83.9%、「ホームセンター」「ドラッグストア・薬局」が各5割です。女性では「ドラッグストア・薬局」の比率が男性より高く、「スーパー」に次いで2位にあがっています。女性20~40代では「ファストフード」「ショッピングモール」、50代以上では「旅行・観光」が高くなっています。

折込チラシがきっかけで商品・サービスを購入・利用したジャンルは、「スーパー」(76.7%)が最も多く、「ホームセンター」「ドラッグストア・薬局」が各4割で続きます。「家電・AV機器」は男性高年代層、「スーパー」「ドラッグストア・薬局」は女性高年代層で高くなっています。

◆折込チラシの見方
折込チラシの見方は、「特売、セール、バーゲンをチェックする」「買おうと思っている商品の価格を確かめる」がチラシを見る人の各6割、「お買い得商品をチェックする」「店舗間で価格を比較する」が各4割弱です。「特売、セール、バーゲンをチェックする」「お買い得商品をチェックする」は、女性が男性を約15~19ポイント上回ります。「お買い得商品をチェックする」「だいたい決まったジャンルやお店のチラシをチェックする」は女性50代以上、「特売、セール、バーゲンをチェックする」「催事、イベントをチェックする」は女性30代以上で比率が高くなっています。

◆折込チラシを見たときの行動
折込チラシをみてしたこと・きっかけとなってしたことは、「折込チラシのお店に行く」がチラシを見る人の65.9%、「キャンペーン期間に、商品・サービスを購入・利用する」「商品・サービスについて、他の媒体で調べる」「商品・サービスを購入・利用する曜日・タイミングを決める」「催事・イベントに行く」が2~3割です。「折込チラシのお店に行く」は、女性が男性を約12ポイント上回ります。

◆電子チラシの利用経験
電子チラシの利用経験者は5割弱です。男性40代や女性30・40代では5割強と他の層より高くなっています。


【調査概要】
調査対象:「MyVoice」のアンケートモニター
調査方法:インターネット調査(ネットリサーチ)
調査時期:2017年08月01日~08月05日
回答者数:11,206名
調査機関:マイボイスコム株式会社

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP