果汁入り飲料に関するアンケート調査(第11回) 

2017年09月21日
マイボイスコムは、3回目となる『果汁入り飲料』に関するインターネット調査を2017年8月1日~5日に実施し、11,230件の回答を集めました。

【調査結果TOPICS】

■果汁入り飲料の飲用場面は「おやつの時」「のどが渇いたとき」が飲用者の各3割弱、「くつろいでいるとき」「お風呂あがり」「リフレッシュしたいとき」「朝食時」「甘いものがほしいとき」が各2割
■果汁入り飲料飲用者の果汁入り飲料への期待の上位3位は「健康によい」「果汁100%」「ビタミンなどの栄養素が摂取できる」。『トロピカーナ』『POMポンジュース』『Dole』主飲用者では「果汁100%」が1位

【調査結果】

◆果汁入り飲料の飲用頻度、直近1年間に飲んだ銘柄
市販の果汁入り飲料の飲用者は7割弱、過去調査に比べて減少傾向です。週1回以上の飲用者は2割、『100CAN』『ビタミンフルーツシリーズ』主飲料者では5~6割と他の層より高くなっています。

直近1年間に飲んだ果汁入り飲料は、「なっちゃん」「バヤリース」「トロピカーナ」「ウェルチ」が各20%台で上位にあがっています。「小岩井純水果汁シリーズ」は、20代で比率がやや高くなっています。四国では「POMポンジュース」が1位です。

◆果汁入り飲料の飲用場面
果汁入り飲料の飲用場面は、「おやつの時」「のどが渇いたとき」が飲用者の各3割弱、「くつろいでいるとき」「お風呂あがり」「リフレッシュしたいとき」「朝食時」「甘いものがほしいとき」が各2割で上位にあがっています。女性では、「おやつの時」「リフレッシュしたいとき」の比率が高い傾向です。また、「甘いものがほしいとき」は女性若年層で比率が高くなっています。「朝食時」は、『100CAN』『朝のフルーツこれ1本』『ミニッツメイド 朝の健康果実』『サンキスト』主飲用者で1位です。

◆果汁入り飲料選定時の重視点
果汁入り飲料を選ぶ際の重視点は、「味の好み・おいしさ」「価格」の他、「入っている果実の種類」「果汁の濃度」が上位となっています。過去調査と比べて、「価格」は減少傾向です。「味の好み・おいしさ」「入っている果実の種類」は、女性が男性を9~10ポイント上回ります。「価格」は『ビタミンフルーツシリーズ』『Dole』主飲用者で比率が高く、『ウェルチ』『100CAN』『朝のフルーツこれ一本』主飲料者で低くなっています。また、『バヤリース』『なっちゃん』『Qoo』主飲用者では、「入っている果実の種類」「果汁の濃度」の低い傾向です。

◆果汁入り飲料に期待すること
果汁入り飲料飲用者が果汁入り飲料に期待することは、「健康によい」「果汁100%」「ビタミンなどの栄養素が摂取できる」で3~4割で上位3位となっています。「美容によい」「果汁100%」は、女性で比率が高くなっています。主飲用銘柄別に1位の項目をみると、『トロピカーナ』『POMポンジュース』『Dole』では「果汁100%」、『なっちゃん』『Qoo』では「すっきりしている」となっています。『ニチレイアセロラ』『ビタミンフルーツシリーズ』では、「ビタミンなどの栄養素が摂取できる」の比率が他の層より高くなっています。

◆果汁入り飲料の飲用意向
市販の果汁入り飲料の飲用意向率は56.2%、女性や若年層で高い傾向で、女性20・30代では各7割です。また、月数回以上の飲用者では9割、非飲用者では約8%となっています。


【調査概要】
調査対象:「MyVoice」のアンケートモニター
調査方法:インターネット調査(ネットリサーチ)
調査時期:2017年08月01日~08月05日
回答者数:11,230名
調査機関:マイボイスコム株式会社

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP