ハロウィンに関するアンケート調査(第9回) 

2017年09月15日
マイボイスコムは、9回目となる『ハロウィン』に関するインターネット調査を2016年11月1日~5日に実施し、11,445件の回答を集めました。

【調査結果TOPICS】

■ハロウィンにあたって何かした人は認知者の2割弱、女性や若年層で高い。「ハロウィンにちなんだお菓子等を食べた」「友人・知人の子どもにお菓子等をあげた」「自分の子どもや孫にお菓子等をあげた」「自宅の部屋などを装飾」が3~4%。女性10・20代では「仮装」「ハロウィンにちなんだお菓子等を食べた」が各1割
■ハロウィンとは「季節行事の一つ」「海外の行事」「子どものイベント」と考える人が1割台、「若者のイベント」「仮装・コスプレを楽しむ」が7~8%。「興味がない」は4割弱

【調査結果】

◆ハロウィンの認知、連想すること
ハロウィンを知っているかを聞いたところ、「どんな行事か知っている」が73.6%、「名前だけ聞いたことがある」が23.7%と、認知率は97.3%に上ります。女性では、「どんな行事か知っている」の比率が高い傾向です。

ハロウィンの認知者がハロウィンと聞いて連想することは、「かぼちゃ」(75.3%)が最も多く、次いで「仮装」「お化け」「お菓子」「魔女」が4~5割で続きます。

◆ハロウィンにあたって実施したこと
ハロウィンにあたって昨年何かした人は、ハロウィン認知者の2割弱、10代や女性20・30代で4~5割となっています。実施した内容は、「ハロウィンにちなんだ・限定の、お菓子やスイーツを食べた」「友人・知人の子どもにお菓子やプレゼントをあげた・配った」「自分の子どもや孫に、お菓子やプレゼントをあげた」「自宅の部屋や庭などを装飾した」が3~4%です。女性30代では「友人・知人の子どもにお菓子やプレゼントをあげた・配った」「自分の子どもの仮装の準備をした」が8~9%となっています。「仮装をした」「ハロウィンにちなんだ・限定の、お菓子やスイーツを食べた」は、10代や女性20代で各1割みられます。

◆ハロウィンにあたって購入したもの、購入場所
ハロウィンのために購入したものがある人は、ハロウィン認知者の2割、女性10代・30代では4割となっています。購入したものは、「お菓子・スイーツ等」が10.5%、「仮装用の衣装や小物」「かぼちゃ」が4~5%です。「お菓子・スイーツ等」は10代や女性20~40代で2~3割、「仮装用の衣装や小物」は女性20・30代で1割強となっています。

ハロウィンで購入したものがある人のうち、「スーパー」で購入した人が51.8%、「100円均一ショップ」が29.5%です。男性20~40代では「コンビニエンスストア」、女性30代では「100円均一ショップ」の比率が高くなっています。

◆あなたにとってハロウィンとは
あなたにとってハロウィンとはどのようなものかを聞いたところ、「興味がない」が38.0%です。「季節行事の一つ」「海外の行事」「子どものイベント」が1割台、「若者のイベント」「仮装・コスプレを楽しむ」が7~8%となっています。「季節行事の一つ」は、女性が男性を約11ポイント上回ります。今年ハロウィンに関することを実施した人では、「季節行事の一つ」「子どものイベント」「友人・知人とのコミュニケーションを図る機会」が上位にあがっています。実施していない人では、「興味がない」が5割弱みられます。


【調査概要】
調査対象:「MyVoice」のアンケートモニター
調査方法:インターネット調査(ネットリサーチ)
調査時期:2016年11月01日~11月05日
回答者数:11,445名
調査機関:マイボイスコム株式会社

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP