歯の健康に関するアンケート調査(第3回) 

2017年09月15日
マイボイスコムは、3回目となる『歯の健康』に関するインターネット調査を2017年8月1日~5日に実施し、11,234件の回答を集めました。

【調査結果TOPICS】

■口腔内のことで気になることは、「虫歯」が4割弱、「口臭」「歯石、歯垢」「歯に食べ物がはさまりやすい」が各3割、「知覚過敏、しみる」「歯の着色」「歯ぐきがやせてきた、下がってきた」「歯並び」が各2割強
■歯科・美容歯科等で利用したい口腔ケアは「歯のクリーニング」が3割強、「ホワイトニング」が15%、「歯列矯正」「インプラント」が各6%

【調査結果】

◆歯の健康への関心度、口腔内のことで気になること
歯の健康について関心がある人は79.0%、女性や高年代層で高い傾向です。

口腔内のことで気になることは、「虫歯」が4割弱、「口臭」「歯石、歯垢」「歯に食べ物がはさまりやすい」が各3割、「知覚過敏、しみる」「歯の着色」「歯ぐきがやせてきた、下がってきた」「歯並び」が各2割強で上位にあがっています。「歯並び」「歯の着色」「歯に食べ物がはさまりやすい」は、女性が男性を10ポイント以上上回ります。「歯に食べ物がはさまりやすい」「歯ぐきがやせてきた、下がってきた」は高年代層、「歯の着色」は女性20~40代、「虫歯」は女性20・30代で比率が高くなっています。

◆口腔内の健康・美容のためにしていること
口腔内の健康・美容のためにしていることは、「歯科に通う」「歯磨きを丁寧にする」が4~5割で上位2位、「歯周病・歯槽膿漏等の予防効果がある製品を使う」「歯垢除去効果がある製品を使う」「虫歯予防効果がある製品を使う」が各10%台で続きます。女性では、「歯科に通う」「歯磨きを丁寧にする」が男性より高くなっています。「歯周病・歯槽膿漏等の予防効果がある製品を使う」は、高年代層で比率が高い傾向です。男性20~40代では、「何もしていない」が各3割みられます。

◆口腔内のケアのために使っている製品、持ち歩いている製品
口腔内のケアのために使っている製品は、「歯ブラシ」(80.3%)の他、「歯間ブラシ」「デンタルフロス、糸ようじ」「歯磨き粉:フッ素入り」「マウスウォッシュ、デンタルリンス」「電動歯ブラシ、音波歯ブラシ、超音波歯ブラシ」が各20%台で上位にあがっています。「歯間ブラシ」「歯磨き粉:歯槽膿漏、歯肉炎等の予防」は高年代層、「デンタルフロス、糸ようじ」は女性40代以上で比率が高くなっています。

口腔内のケアのために持ち歩いている製品がある人は3割弱、「歯ブラシ」(15.8%)の他、「歯間ブラシ」「デンタルフロス、糸ようじ」「マウスウォッシュ、デンタルリンス」が3~5%です。女性20代では、「歯ブラシ」が3割弱で他の層より比率が高くなっています。

◆歯科・美容歯科等で利用したことがある口腔ケア
歯科・美容歯科等で利用したことがある口腔ケアは、「歯のクリーニング」が35.5%で最も多く、「歯列矯正」「セラミッククラウン」「ホワイトニング」が5~6%となっています。「歯のクリーニング」は高年代層で比率が高い傾向です。「歯列矯正」は、女性20代で2割強となっています。

◆歯科・美容歯科等で利用したい口腔ケア
歯科・美容歯科等で利用したい口腔ケアは、「歯のクリーニング」が34.8%、「ホワイトニング」が15.2%、「歯列矯正」「インプラント」が各6%となっています。「歯のクリーニング」「ホワイトニング」は、女性が男性を9~10ポイント上回ります。


【調査概要】
調査対象:「MyVoice」のアンケートモニター
調査方法:インターネット調査(ネットリサーチ)
調査時期:2017年08月01日~08月05日
回答者数:11,234名
調査機関:マイボイスコム株式会社

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP