「行列」に関するアンケート調査 

2017年09月14日
インターワイヤードは、自社のネットリサーチサービス『DIMSDRIVE』を利用し、「行列」に関するアンケート調査を実施し、行列に並んだ理由・目的や、時間の潰し方、困ったことなどについてまとめました。
調査は2017年7月19日~8月4日にかけて実施し、DIMSDRIVEモニター3,811人から回答を得ています。

<調査トピックス>

● 行列に並んだことがある1位はテーマパーク・遊園地。
● ”並ぶ価値がある”1位は「新作発売」。
● 待ち時間は最大30分までがほとんど。頑張って並ぶのはテーマパーク。
● 行列後の満足度が高いのは「スイーツ・菓子店・パン屋さん」。
● 同行者とのおしゃべりをして時間つぶし。75.9%
● 列が進まない、待ち時間がわからない、トイレに行きたい・・・行列で困ったこと
● 飲食店(ラーメンなど)なら30分まで待ってもいい人・・・71.1%

<調査結果>

 行列に並んだことがある1位はテーマパーク・遊園地。

■行列に並んだことはありますか

「テーマパーク・遊園地」に並んだことがある人の割合は63.3%、次いで「飲食店(ラーメンなど)」48.9%、「美術展やイベント」27.0%と続いた。
「テーマパーク・遊園地」においては、6割以上の人が並んだ経験があるということがわかった。

<男女別>
男女別で比較すると、全体で上位のスポットにおいては、女性のほうが並んだことがある割合が高い。
男性の方が多いのは「宝くじ売り場」「新作発売(スマートフォン、書籍など)」。
男性の「行列に並んだことはない」の割合は25.9%と、4人に1人は”行列嫌い”と言えるのではないか。

 ”並ぶ価値がある”1位は「新作発売」。

■並んだ理由・目的は?

並んだことがあると答えたスポット別に、その理由・目的を尋ねた。
いずれのスポットでも「並ばないと入れない・手に入らないから」が1位。当然の結果といえる。
【テーマパーク・遊園地】の2番目の理由は「いつも混んでいるから仕方なく」(35.3%)であった。
他のスポットに比べて、”仕方ない”の割合は高めである。
また、他のスポットの2番目の理由はすべて「並ぶ価値があるから」で、とくに【新作発売(スマートフォン、書籍など)】(39.3%)、【美術展やイベント】(35.4%)は割合が高く、”価値”を感じで並ぶ人が多いことが伺える。

 待ち時間は最大30分までがほとんど。頑張って並ぶのはテーマパーク。

■最大どのくらい待ちましたか?

並んだことがある人に、それぞれどのくらいの時間並んだかを尋ねた。
【テーマパーク・遊園地】と【新作発売(スマートフォン、書籍など)】のみ、「1時間」が最も多い。
そのほかのほとんどのスポットにおいて、ボリュームゾーンは「30分」だが、【宝くじ売り場】のボリュームゾーンは「10分」と短めであった。
【新作販売(スマートフォン、書籍など)】と【イベントのチケットや物品販売】は「5時間以上」という何が何でも手に入れる!というツワモノも一定数いるようだ。

 行列後の満足度が高いのは「スイーツ・菓子店・パン屋さん」。

■行列の後の満足度は・・・

満足計(大満足+満足)の割合が高い順に、「スイーツ・菓子店・パン屋さん」52.3%、「美術展やイベント」51.8%、「新作発売(スマートフォン、書籍など)」48.7%であった。
「スイーツ・菓子店・パン屋さん」と「美術展やイベント」については半数を超えている。
満足計の割合が最も低いのは「宝くじ売り場」で、21.5%であった。こちらの割合には、”宝くじにハズレた”という事実が多いに含まれていると思われる。

 同行者とのおしゃべりをして時間つぶし。75.9%

■行列の待ち時間の潰し方

待ち時間に何をしているのだろうか。
「同行者とおしゃべりをする」75.9%が圧倒的に多かった。4人中3人は同行者とのおしゃべりで時間をつぶしているようだ。次いで「スマートフォンや携帯などを操作している」37.6%、「人間観察している」25.8%と続いた。
“人間観察”は4人に1人がしているという、興味深い結果に。

<男女別>
男女別で見てみると、「同行者とおしゃべりをする」は男女差が大きく16ポイントも女性が多かった。
一般的に女性の方がおしゃべりなイメージがあるが、そのとおりの結果であった。
男性が女性を上回ったものは「読書・新聞」「特に何もしない」「音楽を聴く」「電話をする」「寝る」であった。
その中で最も男女差が大きかったのは「特に何もしない」であった。

 列が進まない、待ち時間がわからない、トイレに行きたい・・・行列で困ったこと

■行列待ちで困ったこと

困ったことはどのようなことだったのか、尋ねた。
「なかなか列が進まない」42.0%、「待ち時間がわからない」37.6%、「トイレに行きたくなった」32.7%、「日差しが強かった・暑かった」31.0%、「割り込みをされる」30.0%と続いた。

<男女別>
男女別で見てみると、差が大きかったのは「日差しが強かった・暑かった」16.3ポイント、「寒かった」10.9ポイントで、いずれも女性の方が困っている。
暑さ・寒さの影響を女性のほうが受けやすいようだ。
また、「なかなか列が進まない」や「後ろの人が近すぎる」も、8ポイント超、女性の方が多い。
並ぶこと自体、女性の方が多いので、困った経験も多いのだろう。

 飲食店(ラーメンなど)なら30分まで待ってもいい人・・・71.1%

■どのくらいなら待ってもいいと思える範囲?

スポット別に、行列に並んでもいいと思える時間の範囲を尋ねた。
”30分までなら待ってもいい”計が最も多かったのは「飲食店(ラーメンなど)」71.1%、次いで並んだ後の満足度も高かった「スイーツ・菓子店・パン屋さん」62.7%、「名所や話題のスポット(スカイツリーなど)」61.0%と、ここまでが6割超であった。
最も並んだことのあるスポットの「テーマパーク・遊園地」は、『1時間以上』が31.0%と最も多く、長時間並んでもいいと思われているようだ。
「少しも待てない」のは「新作発売」で47.9%の人が回答している。


【調査概要】
調査方法:インターネットを利用した市場調査
調査期間:2017年7月19日~8月4日
有効回答数:DIMSDRIVEモニター 3,811人

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP