お風呂上がりの肌乾燥と風呂保湿に関する意識調査(美容にかける時間が1日15分未満の美容に時間をかけられない20~40代女性対象) 

2017年09月13日
資生堂は、美容にかける時間が1日15分未満の美容に時間をかけられない20~40代女性300人を対象に『お風呂上がりの肌乾燥とお風呂保湿』に関する意識調査を実施しました。

 調査結果から、約9割の女性が「お風呂上がりの肌は入浴前よりも乾燥する」という事実を知らないなど、急激な肌乾燥への理解が低く、お風呂上がりの保湿ケアも徹底できていない実態が浮き彫りとなりました。また、最近の研究では、お風呂の中で保湿ケア(インバスケア)することでお風呂上がりの急速な肌乾燥を防ぐ効果が確認されました(早坂信哉:日本健康開発雑誌2017年)。しかし、お風呂の中で保湿ケア(インバスケア)をしたことがある人はまだ少なく、その効果を知っている人も少ないことが調査結果から分かりました。

《調査結果の概要》

(1)約9割の女性が「お風呂上がりの肌は入浴前よりも乾燥する」事実を知らない
お風呂上がりに肌の過乾燥と「保湿すべき制限時間が存在する」ことを「知らない」と回答した人が90%以上

(2)女性の約6割が、お風呂上がりの肌の”つっぱり”や”かさつき”などの乾燥を実感
「お風呂上がりに、肌の乾燥などのトラブルを感じた経験」について、59.7%が「ある」と回答。

(3)美容にかける時間が1日15分未満の女性の2人に1人が、保湿ケアを忘れた経験あり
「お風呂上がり直後、夜寝る前の保湿ケアを忘れてしまった経験」について、59.2% が「ある」と回答。
保湿ケアを忘れた理由は「疲れて気力がなかったから(53.6%)」「別の用事ができてしまった(39.5%)」

(4)お風呂上がりの保湿ケアを忘れても「次から気をつけよう」という意識で、半数は特別な対策せず
お風呂上りの保湿ケアを忘れた時、「次から気をつけよう(38.6%)」「まあいいか(35.2%)」
お風呂上りの保湿ケアを忘れた時、「いつもどおりのケアを淡々と行う(45.1%)」

(5)女性の9割が「お風呂での保湿ケアの効果」を認知していない。
「お風呂での保湿を意識したことがあるか」、「意識していない」が85.7%
「お風呂の中での保湿ケア(インバスケア)」実践者はわずか17.0%

《調査結果》

(1)約9割の女性が「お風呂上がりの肌は入浴前よりも乾燥する※」事実を知らない
お風呂上がりの肌に起きる現象について知っているか聞いてみたところ、「お風呂から出た後は、急激に乾燥が進み、入浴前よりも乾燥してしまう」ことや「お風呂上がりは乾燥するので、保湿すべき制限時間」について詳細まで知らない人と回答した人が90%を超えました<図1><図2> 。
お風呂上がりにおきる肌の過乾燥現象※については、まだ理解が進んでいないようです。
※健康な肌には恒常性の維持(ホメオスタシス)があり、元の状態に戻ると考えられます。

(2)女性の約6割が、お風呂上がりの肌の”つっぱり”や”かさつき”などの乾燥を実感
次に実際のお風呂上がりの肌の様子について調査しました。「お風呂上がりに、肌の乾燥などのトラブルを感じた経験がありますか」という質問をしたところ、59.7%が「ある」と回答。約6割がお風呂上がりの肌トラブルを経験していることがわかります<図3>。
「ある」と回答した人に「どんな肌トラブルを感じたのか」を聞いたところ「肌が乾燥した(79.9%)」と約8割が肌の乾燥を感じたことがあると回答しています。そのほか、「肌がつっぱる感じがした(53.1%)」「カサカサ、粉をふいてしまった(42.5%)」と、いずれも、肌の乾燥からくる状態を感じているようです<図4>。

(3)女性の2人に1人が、保湿ケアを忘れた経験あり
女性たちの保湿ケアの実態について調べました。最近の研究でお風呂上がりの保湿すべき時間が10分以内であることが判明しました。そこで「普段、お風呂上がりから10分以内に保湿していますか」と聞いてみたところ、「毎日している」と答えたのは53.0%となりました<図5> 。
さらに、「お風呂上がり直後、夜寝る前の保湿ケアを忘れてしまったことがありますか」という設問では、女性の半数以上が「ある(59.2%)」と回答しています<図6> 。
お風呂上がりのケアを忘れてしまう理由として、「疲れて気力がなかったから(53.6%)」、「別の用事ができてしまった(39.5%)」となっており、時間に追われ、自分の保湿ケアができずに後回しになってしまう女性たちの日常が浮き彫りとなる結果となりました<図7>。

(4)お風呂上がりの保湿ケアを忘れても
「次から気をつけよう」「まあいいか」という意識で、半数は特別な対策せず
「お風呂上がりの保湿ケアを忘れてしまった時の気持ち」を聞いたところ、「次から気をつけようという気持ち(38.6%)」「やってしまったけど、まあいいかという気持ち(35.2%)」という回答が上位を占め、保湿ケアについて、深刻に捉えていない意識がうかがえます<図8> 。
さらに「お風呂上がりの保湿ケアを忘れてしまった時のリカバリー策」については、「いつもどおりのケアを淡々と行う(45.1%)」という人が多い一方で、「思い出した瞬間にすぐに保湿する(43.3%)」と少しでも肌を取り戻そうという人もいます<図9>。

(5)女性の9割が「お風呂で保湿効果」を認知していない。
最近の研究でお風呂上がりの過乾燥には「お風呂の中で保湿」が効果的であるという研究成果が発表されました。そこで「お風呂の中で保湿」に関する意識を聞いてみました。
「お風呂での保湿を意識したことがあるか」と聞いてみたところ、「意識していない」が85.7%を占め多くの人が「お風呂の中での保湿」の意識が低い結果となりました<図10>。
実際に「お風呂の中での保湿ケア(インバスケア)」をしたことがある人はどれくらいいるのでしょうか。83.0%が「ない」と回答しており、お風呂の中での保湿ケアを実施していないことがわかります<図11>。


【調査概要】
表題:お風呂上がりの肌乾燥と風呂保湿に関する意識調査
調査主体:株式会社資生堂
調査実施機関:株式会社マクロミル
調査方法:アンケート調査(インターネット調査による) 
調査期間:2017年8月19日~2017年8月20 日
調査対象:20~49歳の美容にかける時間※が1日15分未満の女性300人
※事前に20~40代7730名に対してスクリーニングを行い、1日のうち美容(クレンジング・スキンケア・メイクアップ・ボディケア全てを合わせて)に費やす時間について調査。約6割以上を占める「美容に費やす時間が1日15分未満」と回答した女性を抽出しました。

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP