シニアが占める割合が多い渡航先ランキング 

2017年09月13日
DeNA トラベルは、2016 年 9 月 1 日から 2017 年 8 月 31 日までの予約数を基にシニア層の渡航者シェア率が高い都市を調べました。

シニア渡航者のシェア率が高い渡航先ランキング
1位 チェンマイ(タイ)
2位 大連(中国)
3位 マニラ(フィリピン)
4位 高雄(台湾)
5位 カトマンズ(ネパール)

サービス:海外航空券予約数
※対象期間:2016 年 9 月 1 日~2017 年 8 月 31 日までに予約されたもの
※対象エリア:DeNA トラベルにおける予約件数 TOP50 の目的地
※シニアは 65 歳以上とする

近年、チェンマイへロングステイの為渡航する人が増加していることが 1 位となった要因の一つになっていると考えられます。タイでは 50 歳以上が申請可能な長期滞在者向けのビザも発給しており、退職後にタイでの長期旅行を楽しむ人も多いのではないでしょうか。
また、6 月 15 日から 16 日にかけてタイ国政府観光庁(TAT)がチェンマイで日本人向けに開催した「ロングステイフォーラム」ではチェンマイがロングステイに適している理由として気候がよく、医療水準が高い等と語られたほか 60 代から 70 代の参加者がメインとなっていた事からもチェンマイがシニア層への人気が高い事が伺えます。※
2 位の大連は、日露戦争時に日本と深く関わりがあることや、戦後建てられた歴史的建造物も多く残ること等から、歴史が感じられる都市として、歴史好きのシニア層が多く訪れていると考えられます。
また、台湾の高雄やネパールのカトマンズも上位へランクインしていることから、海外旅行を多数重ね、メジャーなエリアから一歩踏み出して旅行へ行くシニアも一定数いるのではないかと予想されます。

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
リンク先リサーチPDF
 マイページ TOP