「敬老の日」に関する調査 

2017年09月08日
日本生命保険相互会社は、ホームページ内の 「ご契約者さま専用サービス」にて、「敬老の日」に関するアンケート調査を実施。

【調査結果概要】

ポイント①
○プレゼントを贈る方の割合は、48.7%となり、昨年と比較すると、9.2pt増加
○贈るものの 1 位は「衣類」(19.8%)、欲しいものの 1 位は「食事」(18.6%)となった
 「食事」は、贈る側では 7 位(3.8%)となっており、受取る側と開きがあった

ポイント②
○プレゼントを贈る方の平均予算は 4,820 円(対前年▲8.7%)、受取る方の望ましい平均金額は 5,290 円(対前年▲1.9%)となった
○祖父・祖母にしたい著名人の 1 位は「所ジョージさん」、「吉永小百合さん」となった 

ポイント③
○ゆとりある老後の生活費について、単身の場合は、昨年同様「20~24 万円」と回答した方が38.4%で最多。夫婦 2 名の場合は、「30 万円以上」と回答した方が 7 割以上となった
○60 歳以上の方のいま最も楽しいことは 1 位「旅行」、2 位「友人との時間」、3 位「家族との時間」となった
○老後住みたい都道府県の1位は「沖縄県」、次いで「東京都」となった

【調査結果】

○プレゼントを贈る方の割合は、48.7%となり、昨年と比較すると、9.2pt増加
○プレゼントを贈る頻度について、「毎年」と回答した方の割合が 26.1%なのに対して、「贈ったことがない」と回答した方の割合は 41.5%となった。また、男女別で見ると、女性の割合(29.9%)が男性(22.7%)より 7.2pt上回った

○贈るものの 1 位は「衣類」(19.8%)、欲しいものの 1 位は「食事」(18.6%)となった
 「食事」は、贈る側では 7 位(3.8%)となっており、受取る側と開きがあった
○今までもらって一番嬉しかったものの 1 位は 14.7%で「食事」となった

〇プレゼントを贈る方の予算は「3 千円から 5 千円未満」が最も多く 29.8%となった。一方で、受取る方の望ましい金額は「5 千円から 1 万円未満」が最も多く 23.8%となった
〇プレゼントを贈る方の平均予算は 4,820 円(対前年▲8.7%)、受取る方の望ましい平均金額は 5,290 円(対前年▲1.9%)となった

〇祖父にしたい著名人の 1 位は、「所ジョージさん」、次いで「タモリさん」となった
〇祖母にしたい著名人の 1 位は、「吉永小百合さん」、次いで「八千草薫さん」となった

○ゆとりある老後の生活費について、単身の場合は、昨年同様「20~24 万円」と回答した方が 38.4%で最多。夫婦 2 名の場合は、「30 万円以上」と回答した方が 7 割以上となった

○60 歳以上の方のいま最も楽しいことは 1 位「旅行」、2 位「友人との時間」、3 位「家族との時間」となった
○就労者の方に限ってみると、「仕事」と回答した割合は 11.3%となり、3 位にランクインした

<いま最も楽しいこと>
(全体)
1位 旅行 24.4%
2位 友人との時間 15.8%
3位 家族との時間 10.9%
4位 スポーツ 8.9%
5位 読書 7.7%
6位 食事 7.5%
7位 仕事 5.7%
8位 芸術(鑑賞・創作) 4.6%
9位 音楽 3.3%
10位 テレビ・映画・ラジオ・インターネット 3.1%

○老後住んでみたい都道府県の1位は「沖縄県」、次いで「東京都」となった
○老後に住んでみたい都道府県の理由としては、「自然が豊か・気候が良い」等の自然に関する項目が1 ・ 2 位 となる一方で 、4 ・ 5 位には 「交通網の発達 ・娯楽が多い 」等の利便性に関する項目がランクインした
○老後、現在住んでいる都道府県と異なる都道府県に住みたい方の割合は 46.9%、男女別・年代別にみると、「男性・若い世代の方」ほど異なる都道府県に住みたいと回答する方の割合が高くなった


≪調査概要≫
調査期間:2017 年 7 月 21 日(金)~8 月 9 日(水)
調査方法:インターネットアンケート (「ずっともっとサービス」のサンクスマイルメニュー)
回答者数:8,798 名(男性:4,580 名、女性:4,218 名)

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
リンク先リサーチPDF
 マイページ TOP