中国の外食・中食市場の動向分析(デリバリー(宅配)についての分析) 

2017年06月21日
外食・中食市場情報サービス『CREST®*1 』を提供するエヌピーディー・ジャパンは、中国の外食・中食市場の動向分析レポートを2017年6月22日に発表します。

外食・中食市場情報サービス『CREST®』は日本を含め世界13ヶ国で実施している消費者トラッキング調査です。今回は、中国(22主要都市)の外食・中食市場で最も大きく成長しているデリバリー(宅配)についての分析を紹介します。

【調査結果】

経済成長は横ばいの中国

2016年の中国の経済状況をみてみると(図表1)、GDPは横ばい、可処分所得は6.3%と大幅増もそのペースは2015年の7.4%増と比べるとペースダウンしています。消費者物価指数は2.0%と2015年より高い成長を示しています。端的にいうと、2015年とは大きく変わらないものの、高い成長を維持している状態で、消費者態度指数も高い値を維持しています。

デリバリー(宅配)利用が前年比23%増加

『CREST®』で中国における2016年の外食・中食利用状況をみてみると(図表2)、イートインが67%で最もボリュームが大きいのが分かります。日本のイートイン比率(34%)と比較してみると市場の違いがよくわかります。注目すべきなのは、7%を占めるデリバリーの躍進です。7%というデリバリー比率は、世界各国とと比較しても高い比率ですが、2015年と比較して2016年の食機会数は+23%とさらに大きく成長しました。外食・中食市場の成長はこのデリバリーがけん引しています。

デリバリー(宅配)伸長の要因はO2Oビジネスの発展

デリバリーの伸長は、グローバルトレンドです。この成長の背景にあるのは、テクノロジーの発展、O2O(Online To Offline)ビジネスの発達です。中国市場においても、近年多くのデリバリーサービスが開始されています。中国では現在「餓了么」「百度外卖」など、デリバリー専用ECサイトがプラットフォーム化されており、そのプラットフォームに、街中のほとんど全てと言っていいほどの飲食店が参加しています。利用者がスマホなどからプラットフォームを通じて注文すると、プラットフォーム提供者の専用バイク便が各飲食店まで注文の品を取りに向かい、発注者の指定場所まで配達するという仕組みです。

支払いもスマホで電子決済です。現在の中国フードデリバリーは、物価の高騰、忙しい人の増加、スマホの普及、中国IT業界の急速な成長などが相まって進化し、急激な成長を遂げています。今後もこの成長は続くと見込まれます。


*1   CREST®
外食・中食市場において 「いつ、誰が、どこで、何を、どのように食べ、どの程度満足したか」など消費者のあらゆる喫食動態データを、1年365日、直接消費者から収集し調査分析できる情報サービスです。外食市場規模、中食市場規模、客数を業態、セグメント別に把握可能です。調査対象は、以下の22都市の15-54才の個人でサンプル数は月7,000サンプル。

「NPD Japan, エヌピーディー・ジャパン調べ」

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP