国内金融分野の第3のプラットフォーム市場予測とFinTechの利活用動向 

2017年08月08日
IT専門調査会社 IDC Japanは、国内第3のプラットフォーム市場(クラウド、モビリティ、ビッグデータ/アナリティクス、ソーシャル技術)の金融分野における2017年~2021年の市場予測を発表しました。

これによると、2017年の国内第3のプラットフォーム市場の金融分野のIT支出規模は、9,286億円、前年比成長率は6.9%と予測しています。銀行、保険、証券/その他金融サービスの各分野で堅調に拡大を見込んでいますが、その中でも特に保険では、ビッグデータ/アナリティクスを中心に積極的な投資が進むとみています。なお、ソリューションでは、現在モバイル関連支出が主に牽引していますが、これからは大手金融機関で取り組みが加速しているクラウド、ビッグデータ/アナリティクス関連の支出が徐々に拡大するとみています。

【調査結果サマリー】

・2017年の国内第3のプラットフォーム市場の金融分野(銀行、保険、証券/その他金融サービス)は、モバイルに加えてクラウドなどの利用拡大により堅調な拡大を予測
・FinTech(ITを活用した新しい金融関連サービス)は、金融機関に加えて他の産業分野にも影響が及び、各産業分野での関連IT支出の総額は、2021年に1,179億円に拡大
・金融機関においてFinTechの活用の本格化が見込まれるが、ITサプライヤーは金融機関を中心としたエコシステム構築の支援を積極的に行うことが求められる

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP