リップメイクに関する調査(40代・50代の既婚女性対象) 

2017年08月21日
カネボウ化粧品は、40代・50代の既婚女性400人を対象に、リップメイクに関する調査を行いました。

【調査結果サマリー】

顔の印象を左右するリップメイク効果。特にローズ系カラーは約8割が好印象と評価!

・4人に3人(76.2%)が唇の加齢悩みを抱え、3割が「似合う口紅の色がわからない」(30.3%)。
・リップメイクで顔の印象は変わらないと思っているが、実は口紅を塗ることで顔の印象が全体的に良くなり、特にローズ系口紅は約8割(78.5%)が好印象と評価。

40代・50代ミセスは「マルチプレーヤー」。シーンや相手に合った印象を演出したい

・妻であり、母であり、働く女性であり・・・40代・50代ミセスは様々な顔をもつ「マルチプレーヤー」。夫へは「若々しくて明るくて健康的」な妻の顔、娘には「若々しくて優しくて明るい」ママの顔、子どもの先生からは「落ちつきのある知的で上品」な保護者の顔、職場の同僚には「若々しくて明るく親しみのある」ワーキングウーマンの顔、とシーンや相手に合った自分の印象を演出したいと考えている。

「理想の自分」を演出できる! 総合力が高い優秀カラーは「ローズ系」だった!

・自分が周囲の人から見られたい印象と、ローズ系・レッド系・ベージュ系・オレンジ系・ピンク系・ワイン系の6色の口紅の色の印象を重ねてみると、どの項目もバランス良く満たしているのが「ローズ系」口紅。40代・50代ミセスにとって、ローズ系の口紅は理想の自分を演出できる優秀カラー。
・「20代の頃の自分が好きだった色」「20代の頃の自分に似合っていたと思う色」は「ピンク系」がトップだが、「今の自分が好きな色」「似合うと思う色」は「ローズ系」がトップ。

【調査結果】

・40代・50代ミセスの3割が、「自分に似合う口紅の色がわからなくなってきた」と実感
まず40代・50代ミセスが気になる、加齢による口もとの悩みについて聞いてみました。「唇が乾燥してきた」(36.3%)、「口角が下がってきた」(31.8%)、「唇の色がくすんできた」(27.5%)など、「特に悩んでいることはない」(23.8%)を除く、4人に3人(76.2%)が何らかの悩みを抱えていることがわかります[図1]。また、加齢によるリップメイクの悩みについて聞くと、「自分に似合う口紅の色がわからくなってきた」(30.3%)という意見が最も多く、約3割が口紅の色選びに頭を悩ませていることがわかりました[図2]。

・顔の印象を左右する、知られざるリップメイク効果。特にローズ系カラーは約8割が好印象と評価!
次に、口紅やアイシャドウなどのメイクの中で、どのメイクが顔の印象を左右すると思うかと聞くと、「アイメイク」(46.0%)という答えが最も多く、「リップメイク」と答えた人は一番少なく、わずか14.3%でした[図3]。

ヘアスタイルやアイメイクは全く同じで、口紅の色だけを変えた女性の写真[図4]を提示し、印象がよいと思う顔をすべて選んでもらった結果、口紅を塗らないときの印象(15.8%)に比べ、口紅を塗ったときは「印象が良い」と答えた方の割合は全体的に高くなっており、特に「ローズ系」の口紅をつけた女性の顔では78.5%と最も高くなっています[図5]。
リップメイクが顔の印象に与える効果についてはあまり知られていませんでしたが、口紅には顔の印象を良くしてくれる効果があると言えそうです。

・口紅の色の持つ印象 ピンク系はかわいさや若々しさ、ローズ系は明るくて親しみのある上品さ
次に、[図4]の女性の写真を提示しながら、口紅の色にどんな印象があるか聞いてみました。その結果、ピンク系には「かわいい」(51.3%)、「若々しい」(40.5%)、「優しい」(30.0%)などの印象が強く、ワイン系は「知的」(21.3%)で「個性的」(59.5%)、レッド系は「オシャレ」(20.5%)で「洗練された」(20.8%)印象が、オレンジ系は「健康的」(38.0%)で、ベージュ系は「落ち着いた」(63.8%)印象を持たれるようです。[図5]で顔写真の印象が最も良かったローズ系は、「明るい」(40.8%)、「親しみのある」(23.5%)「上品な」(31.0%)印象が高くなっています[図6]。

・妻の顔、ママの顔、仕事の顔… 40代・50代ミセスは相手によって自分の印象を変えたい
口紅によって顔の印象が変わることがわかりましたが、40代・50代ミセスは周りからどのような印象で見られたいと思っているのでしょうか? 40代・50代といえば妻であり母であり女性であり…とさまざまな顔を持つ「マルチプレーヤー」であることが多い世代。
相手別に見せたい自分の印象を聞いてみました。
まず、自分が周囲の人からどのように見られたいか質問し、見られたい自分の印象TOP5を相手別に示したのが[図7]です。
夫からは「若々しくて(42.3%)明るくて(34.5%)健康的な(31.0%)」妻に、娘からは「若々しくて(47.2%)優しくて(32.3%)明るい(29.1%)」ママに、子どもの先生からは「落ちつきのある(26.0%)知的で(24.5%)上品23.5%)」な母親にと、相手によって見られたい “理想の自分”の印象が変わることがわかりました。

・40代・50代ミセスの「理想の自分」を演出できる! 総合力が高い優秀カラーは「ローズ系」だった!
では、見られたい顔の印象を叶えてくれるのは何色の口紅になるのでしょうか?
[図4]の女性の写真で、口紅の色別の顔の印象[図6]と、相手別の見られたい自分の印象TOP5項目でレーダーチャート化したのが[図8]です。
夫に対して、「若々しくて」「明るくて」「健康的な」「かわいい」「優しい」妻を演出する場合、「若々しい」はピンク系、「明るい」はローズ系、「健康的な」はオレンジ系、「かわいい」や「優しい」印象に見せるにはピンク系が適していますが、ピンク系は「かわいい」に突出しており、あまりバランスがよくありません。その点、ローズ系は各項目ともバランスよく満たしています。
息子に対しても「若々しい」ではピンク系に譲りますが、バランスの良さではローズ系です。娘は「健康的な」と同率で「オシャレな」印象に見られたいと答えた方が多く(18.1%)、トレンドカラーであるレッド系(20.5%)に続きローズ系が上位に。
「かわいい」「若々しい」では上位にあがったピンクですが、「オシャレな」印象に見せたい場合はレッドやローズ、ワインなど特長のあるカラーを選んだ方が良いようです。

相手別・見られたい自分の印象TOP5
●夫から見られたい印象
1位 若々しい 42.3%
2位 明るい 34.5%
3位 健康的な 31.0%
4位 かわいい 28.0%
5位 優しい 24.5%

●息子から見られたい印象
1位 若々しい 42.4%
2位 明るい 31.6%
2位 優しい 31.6%
4位 親しみのある 25.9%
5位 健康的な 22.8%

●娘から見られたい印象
1位 若々しい 47.2%
2位 優しい 32.3%
3位 明るい 29.1%
4位 親しみのある 22.0%
5位 健康的な 18.1%
5位 オシャレな 18.1%

相手別・見られたい自分の印象TOP5
●舅・姑から見られたい印象
1位 健康的な 27.3%
2位 明るい 25.5%
3位 親しみのある 24.0%
3位 上品な 24.0%
5位 若々しい 21.8%

●ママ友から見られたい印象
1位 若々しい 33.0%
1位 明るい 33.0%
3位 親しみのある 32.5%
4位 オシャレな 20.5%
5位 健康的な 18.5%

●子どもの先生から見られたい印象
1位 落ち着いた 26.0%
2位 知的な 24.5%
3位 上品な 23.5%
4位 明るい 22.5%
5位 若々しい 21.5%

舅・姑へは「健康的な」印象に見られたいと答えた方が最も多く(27.3%)、オレンジ系の口紅が一番「健康的」であるものの、「上品な」印象が弱く、やはりローズ系が賢い選択のようです。
ママ友に対しては、「明るい」と「若々しい」が同率で1位(33.0%)。「親しみのある」(32.5%)に続き、娘と同じく「オシャレな」(20.5%)が次点に。「オシャレな」印象ではトレンドカラーのレッド系が高ポイントですが、ローズ系の定番色としてのバランスの良さが際立ちます。「悪目立ちしたくない」けれど印象をさりげなくアップさせたい人には、まんべんなく好印象なローズの口紅が役立ちそうです。
知的で落ち着いた印象を与えたい子どもの先生へは、「落ち着いた」印象でベージュ系が突出していますが、「上品な」(23.5%)印象や「明るい」(22.5%)印象に欠けます。落ち着いて話をしたいシーンなどに、ベージュ系は使いやすいかもしれませんが、普段から定番としておすすめのカラーはやはりローズ系と言えます。

・口紅の色には若見え効果も!
口紅の色によっては、若々しく見せてくれる若見え効果も期待できます。[図4]の女性の写真を提示し、何歳に見えるかをそれぞれ聞いた結果、口紅をつけていない顔は33.3歳ですが、「ワイン系」の口紅では最も高い35.9歳、「ピンク系」の口紅で31.2歳と、口紅の色を替えるだけで最大4.7歳も見た目年齢に差があることがわかりました。

・40代・50代が選ぶ、今の自分に似合う色ナンバー1はダントツ「ローズ系」
次に、今の自分が好きな口紅の色、似合うと思う口紅の色を聞くと、好きな色(39.0%)、似合うと思う色(43.0%)いずれも「ローズ系」がトップに選ばれました[図9]。また、自分が20代の頃好きだった色は「ピンク系」(40.5%)、自分が20代の頃似合っていたと思う色も「ピンク系」(43.8%)でした。


【調査概要】
調査時期:2017年5月18日(木)~19日(金)
調査方法:インターネット調査
調査対象:全国の40代・50代の既婚女性400人

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP