「子どもの将来に関するアンケート」調査(20代~50代の子どものいる親対象) 

2017年08月18日
イー・ラーニング研究所は、将来子どもになってもらいたい職業や2020年の教育改革に向けて取り組んでいること、注目している習いごとを調査するため、子どもを持つ親を対象に「子どもの将来に関するアンケート」を実施いたしました。

 今回、イー・ラーニング研究所では20代~50代の子どものいる親を対象に「子どもの将来に関するアンケート」を実施いたしました。その結果、親世代が思う、子どもになってもらいたい職業や2020年の教育改革に向けての実態が見える調査結果となりました。

【調査結果】

1、「子どもの将来に関して不安を抱えている」と8割の親世代が回答!現在抱えている不安第1位は「ロボットの発達により職種が狭まり、希望した職業につけないかもしれない」
 「子どもの将来に関して不安を抱えていますか<SA>」という問では、「はい」が77%、「いいえ」が23%という結果になり、子どもを持つ親世代の約8割が子どもの将来に関して不安を抱えていることがわかりました。
 また、「子どもの将来に関して現在抱えている不安は何ですか<MA>」という問では、第1位が「ロボットの発達により職種が狭まり、希望した職業につけないかもしれない」(141)、第2位が「病気やケガなど健康面が心配」(73)、第3位が「就職せず(できず)フリーターになるかもしれない」(68)、「結婚しない(できない)かもしれない」(68)が続きました。

2、「2020年の教育改革に向けて何か取り組んでいる事がある」と答えた親世代は約3割!新しく始めてみたい習いごとは「プログラミング」などが上昇
 「2020年に教育改革があります。何か取り組んでいる事はありますか<SA>」という問では、「はい」が27%、「いいえ」が73%という結果になりました。「具体的に何に取り組んでいますか、<MA>」という問いでは、第1位が「英語・英会話スクール」(55)、第2位が「学習塾」(27)、第3位が「プログラミング」(15)、音楽系(15)という回答が集まりました。また、「新しく始めてみたい、または注目している習いごとは何ですか<MA>」という問いでは、第1位が「英語・英会話スクール」(195)、第2位が「プログラミング」(183)という回答が多く集まりました。2020年の教育改革に向けて実際に何かに取り組んでいることがある人は約3割と少なく、「プログラミング」に取り組んでいる人も第3位と低いものの、「新しく始めてみたい、または注目している習いごと」では上昇しており、2020年から小学校での必修化が決まった動きから注目されていると考えられます。

3、子どもの将来に向けて親世代がかけている費用は10001円~15000円が最も多い
 「子どもの将来に向けて1ヶ月にいくら費用をかけていますか<MA>」という問では、第1位が「10001円~15000円」(69)、第2位が「5001円~10000円」(66)、第3位が「0円」(54)という回答が集まりました。 

4、子どもに身につけてもらいたいスキルは実用英語技能検定(英検)、ジュニアプログラミング検定が上位、将来子どもになってもらいたい職業は「プログラマー(SE)」、「公務員」が上位
 「子どもに取ってもらいたい資格やスキルは何ですか<MA>」という問では、第1位が「実用英語技能検定(英検)」(225)、第2位が「ジュニアプログラミング検定」(156)、第3位が「計算力・思考力検定」(117)という回答が集まりました。また、「将来子どもになってもらいたい職業は何ですか<MA>」という問では、第1位が「プログラマー(SE)」(82)、第2位が「公務員」(74)、という回答が集まりました。2020年から小学校で「プログラミング」が必修化となったことから、将来のために子どもにとってもらいたい資格や子どもになってもらいたい職業もプログラミングが注目を集めていることが考えられます。


「イー・ラーニング研究所調べ」

【調査概要】
「子どもの将来に関するアンケート」調査
調査方法:紙回答
調査地域:全国
調査期間:2017年7月18日(火)
調査対象:20代~50代の子どものいる親 男女 計374人

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP