日本におけるナンの実態に関する調査(10~50代男女対象) 

2017年08月08日
ジェーシー・コムサは、全国の10~50代の男女500名を対象に、「日本におけるナンの実態に関する調査」を実施いたしました。
調査結果から、カレーは夏に食べたくなる人が多いこと、飲食店でカレーを食べる時に半数以上の人が「ライス」ではなく「ナン」を合わせること、若年層ほどナン好きの割合が増えること、ナン好きはカレーと合わせるだけでなくアレンジ料理を楽しんでいる実態が明らかになりました。

【主な調査結果TOPICS】

(1) カレーを食べたくなる時期No.1は夏
  約半数が食欲のなくなる夏にカレーを食べたくなると回答

(2) カレーにナンを合わせる「ナン派」が過半数越え
  「ライス派」は39.8%にとどまる

(3) 65.4%が「ナンが好き」と回答
  「ナン好き」の割合は若年世代ほど高まり、10~30代では7割以上に至る

(4) ナンの魅力は、そのものの食感・香り・味わい
  ナン好きの76.1%は「もっちり食感」がお気に入り

(5) ナン好きはアレンジ料理を楽しんでいる
  特に「チーズナン」「ナンピザ」の認知度が高い

【調査結果】

(1) カレーを食べたくなる時期No.1は夏
  約半数が食欲のなくなる夏にカレーを食べたくなると回答
カレーを食べたくなる時期を質問したところ、全体の49.8%が「夏」と回答しました。理由としては、「食欲がなくなる時期にも、スパイスで食欲がわく」、「夏バテ防止になる」、「元気が出る」、「汗をかいてスッキリしたい」といったものが挙がりました。1年中食べられるカレーですが、最も求められる時期は夏であることが明らかになりました。

(2) カレーにナンを合わせる「ナン派」が過半数越え
  「ライス派」は39.8%にとどまる
飲食店でカレーを食べる時に合わせたいものを聞くと、19.6%が「絶対ナン」、32.2%が「どちらかというとナン」と、合計で51.8%が「ナン派」と回答しました。一方、「絶対ライス」「どちらかというとライス」と回答した人は合計39.8%にとどまり、「ナン派」が多数であることがわかりました。

(3) 65.4%が「ナンが好き」と回答
  「ナン好き」の割合は若年世代ほど高まり、10~30代では7割以上に至る
ナンが好きか聞いたところ、27.6%が「とても好き」、37.8%が「好き」と答え、合計で65.4%の人がナンを好きであることがわかりました。特に、若い世代ほど「ナン好き」の割合が高まる傾向にあります。「学校給食に出ていた」との意見もあり、若い世代ほどナンは子どもの頃から身近な存在であることが明らかになりました。

(4) ナンの魅力は、そのものの食感・香り・味わい
  ナン好きの4人に3人は「もっちり食感」がお気に入り
ナン好きの人にナンの魅力を聞いたところ、76.1%が回答した「もっちりとした食感」をはじめ、食感・味わい・香りなど、ナンそのものの味を評価する意見が上位に挙がりました。カレーとの食べ合わせはもちろん、ナンそのものが好まれていると考えられます。
<ナンの魅力>

(5) ナン好きはアレンジ料理を楽しんでいる
  特に「チーズナン」「ナンピザ」の認知度が高い
ナンの嗜好別にナンのアレンジ方法の認知度を見ると、ナン好きの約8割がナンのアレンジ料理を知っているのに対し、ナンを嫌いと回答した人では約3割にとどまりました。ナン好きな人は、特にチーズなどを生地に配合した「チーズナン」やピザ風に仕上げた「ナンピザ」といったナンのアレンジ料理を楽しんでいるようです。


<調査概要>
目的:日本における「ナンの実態」を明らかにする
方法:インターネット調査(調査委託:マクロミル)
対象:10~50歳代の男女500名(各年代/男女 それぞれ50名ずつ)
試験期間:2017年8月2日~8月3日(2日間)

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP