世界ロボティクス関連市場予測 

2017年08月02日
IT専門調査会社 IDC Japanは、世界のロボティクスおよび関連サービス市場の予測を発表しました。

最新の「Worldwide Semiannual Commercial Robotics Spending Guide」によると、ドローンおよびロボット関連ハードウェア、ソフトウェア、およびサービスを含めた、世界ロボティクス関連支出額は、2017年に972億ドルになり、2016年から17.9%伸びる見通しです。IDCでは、5年間の予測期間中にロボティクス関連支出額は加速度的に増加し、その結果、2021年には2,307億ドルにまで拡大するとみています。2016年~2021年の年間平均成長率(CAGR: Compound Annual Growth Rate)は22.8%と予測しています。

【調査結果サマリー】

・世界ロボティクス関連市場は加速度的に拡大、2021年には2,307億ドルに
・2017年は日本を除くアジア太平洋地域が最大の市場。日本、米国、西欧が続く
・日本を除くアジア太平洋地域が、2021年まで市場全体の半分以上を占める

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP