夏のオフィス環境に関する意識と実態調査(オフィスで働くビジネスパーソン対象) 

2017年08月07日
三菱電機ビルテクノサービスは、夏のオフィスにおけるクールビズや空調機器(エアコンなど)に関する意識や実態を探るべく、オフィスで働く20代~60代(70代を含む)のビジネスパーソン(男女)1,000名を対象に、アンケート調査を実施しました。

主な調査結果として、7割以上(75.5%)の職場がクールビズやスーパークールビズを実施している一方で、環境省が推奨するクールビズが『衣服を軽装にして、室内温度(冷房時)を28℃に調整すること』であると、正しく理解している人は23.8%でした。

クールビズを勘違いしている人の多くが、衣服を軽装にしたうえで『エアコンの設定温度を28℃で設定』(38.2%)、『エアコンの設定温度を25℃~28℃の間で設定』(25.4%)と回答。6割以上がクールビズは“室内温度”ではなく“エアコンの設定温度”と思っているようです。さらに、エアコンの設定温度を28℃にしているオフィスは約20%を占め、その過半数が暑いと感じている結果となりました。

【調査結果サマリー】

オフィスのエアコンの設定温度(冷房時)は26℃が最多(24.8%)!
オフィスのエアコンの設定温度(冷房時)は26℃が最も多く(24.8%)、次いで28℃(19.9%)、27℃(19.3%)、25℃(16.3%)の順となりました。

28℃設定のオフィスでは、全体の過半数(51.8%)が暑いと感じている!
男性の約6割(58.7%)、女性の約4割(39.7%)は、エアコンの設定温度(冷房時)が28℃では“暑い”と感じており、男女合計すると全体の過半数(51.8%)が暑いと感じている結果になりました。また、「ちょうど良い」と回答した中で最も多いエアコンの設定温度は、男女ともに「26℃」でした。

女性の約8割(79.5%)は、オフィスの冷房で体調不良になったことがある!
夏のオフィスが寒いと感じている人の中で、女性の79.5%、男性でも70.8%の人がオフィスの冷房が“体調不良に結びつくことがある”と回答しました。

6割以上(63.9%)が、空調の設定温度を“黙ってこっそり”変更していた!
黙ってこっそり空調の設定温度を変更したことがある女性は67.8%、男性では60.0%、全体で63.9%となりました。また、設定温度を変更する際、女性の60.2%は“温度を上げる”、男性の66.7%は“温度を下げる”結果となりました。

7割以上(75.5%)の職場がクールビズ・スーパークールビズを実施!
クールビズを実施している職場は64.6%、スーパークールビズは、10.9%で合計75.5%。ノーネクタイ・ノージャッケトは一般化しつつありますが、ポロシャツ・チノパンなどの軽装には壁が高いようです。

環境省が推奨するクールビズを正しく理解しているのは23.8%!
環境省の推奨するクールビズは『衣服を軽装にして、室内温度(冷房時)を28℃にすること』であると正しく理解していた人は23.8%でした。多くがエアコンの設定温度と室内温度を間違えている結果となりました。


【調査概要】
調査手法:WEB調査
調査機関:ジャストシステム
実施日時:2017年6月30日~7月16日
調査対象:オフィス勤務者で、空調の設定温度を変更できる人
対象内訳:20代から60代(70代を含む)の男女各100サンプル(合計1,000サンプル)

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP