プリンタ世界市場に関する調査(2017年) 

2017年08月04日
矢野経済研究所は、プリンタ(出力機器)の世界市場の調査を実施した。

<プリンタとは>
 本調査におけるプリンタ(出力機器)とは、オフィス向け(ページプリンタ【中-低速】、MFP【複合機/複写機】、インクジェットプリンタ)、業務用/産業向け(シリアル・インパクト・ドット・マトリクスプリンタ【SIDM】、ライン・インパクト・ドットプリンタ、プロダクションプリンタ、LFP(Large Format Printer:大判プリンタ)、コンシューマ向け(フォトプリンタ・インクジェットプリンタ)の各機器を対象とした。
 また、プロダクションプリンタは、従来のデジタル印刷機に、ページプリンタ【高速】などトランザクション系プリンタを加えて算出した。

【調査結果サマリー】

◆2016年度のプリンタ世界出荷台数は前年度比97.0%の1億40万台
 2016年度のプリンタ(出力機器)世界出荷台数は、メーカー出荷ベースで前年度比97.0%の1億40万台であった。2017年度の同出荷台数を前年度比98.0%の9,840万台と予測する。2016年度は中国経済の減速に加えて、アメリカやユーロ圏の企業の一部に弱めの動きが広がり、先行き不透明な景況感が漂ったことや、為替変動によるリスクが市場に影響し、プリンタの世界出荷台数は伸び悩んだ。2017年度も経済成長の鈍化が見込まれ、プリンタの世界出荷台数は減少すると予測する。

◆2016年度のプリンタ世界出荷金額は前年度比94.9%の5兆9,500億円
 2016年度のプリンタ(出力機器)世界出荷金額は、メーカー出荷ベースで前年度比94.9%の5兆9,500億円であった。景況感が不安定なことや為替変動によるリスクが民間企業の設備投資に影響し、経済成長の鈍化が見込まれることから、2017年度の同出荷金額は前年度比97.5%の5兆8,000億円になると予測する。

◆大幅な成長トレンドで、デジタルラベル印刷機の世界出荷台数を2021年度に1,550台と予測
 2016年度のデジタルラベル印刷機の世界出荷台数は、メーカー出荷ベースで前年度比114.0%の980台であった。ラベル印刷機はデジタル化率が低く、デジタル化への潜在的なニーズが注目されていることなどから、デジタルラベル印刷機世界市場の大幅成長のトレンドは今後も続き、2021年度の世界出荷台数は1,550台に、同出荷金額は570億円に達すると予測する。


【調査概要】
調査期間:2017年4月~7月
調査対象:プリンタ(出力機器)メーカー・販売店/パートナー・各種部材メーカー
調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP