2017年上半期 ハイレゾ音源ダウンロード市場概況 

2017年08月01日
GfKジャパンは、主要ハイレゾ音源配信サイトにおけるダウンロード実績集計に基づく「ハイレゾ音源ダウンロード市場レポート」※より、2017年上半期のハイレゾ音源ダウンロードの市場概況を発表した。

【概要】

・2017年上半期のハイレゾ音源のダウンロード数は前年比62%増、金額ベースでは同31%増
・トラックのダウンロード数は前年の約2倍に拡大

【ハイレゾ音源ダウンロードの広がり】

 ハイレゾ音源のダウンロード配信は市場が引き続き拡大し、2017年上半期(1-6月)のダウンロード数は前年比62%増、ダウンロード金額は同31%増となった(図1)。フォーマット別にみると、アルバム(まとめ買い)が数量前年比18%増、トラック(単曲買い)が同95%増といずれもプラス成長となった。トラックの伸び率の方が大きかった結果、構成比では、トラックが数量ベースで68%、金額ベースでは29%を占めるまでに拡大した(図2)。
 トラックが急成長した背景には、配信サービスの新規参入や、J-POP・アニメソングをはじめとする楽曲ラインナップの拡充により、女性や若い世代などへユーザー層が広がっていることがある。今後は、市場のけん引役としてトラックの成長を維持しつつ、単曲買いユーザーをアルバムへ誘導することで、金額市場の更なる拡大が期待される。

 ハード面でもユーザー層の拡大を後押しする動きがみられる。販売伸長が続くハイレゾ対応ヘッドフォンでは、税抜き平均価格が1年で16%低下した。1万円未満の製品が相次いで発売されており、より取り入れやすい状況となっている。

 ハイレゾ音源ダウンロード市場は、2017年下半期も新規ユーザーの獲得により拡大すると見込む。ハイレゾは海外でも注目を集めており、日本市場の動向はベンチマークの一つになると考えられる。

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP