国内クライアント仮想化関連市場予測 

2017年07月12日
IT専門調査会社 IDC Japanは、2017年~2021年の国内クライアント仮想化関連市場の予測を発表しました。

国内クライアント仮想化ソリューション市場は、2021年には8,927億円まで拡大し、2016年~2021年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は9.0%とIDCではみています。市場拡大の促進要因は、デジタルトランスフォーメーション(DX)重視型IT投資、インターネット分離対策、ワークスタイル変革です。

【調査結果サマリー】

・国内クライアント仮想化ソリューション市場は2021年に8,927億円まで拡大
・2021年までに、クライアント仮想化 利用ユーザー数は745万人に、モバイル仮想化利用ユーザー数は1,100万人まで拡大
・製造のクライアント仮想化 利用ユーザー数は152万人まで拡大

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP