位置情報アプリに関する利用実態調査(15歳~59歳の男女対象) 

2017年07月28日
ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『位置情報アプリに関する利用実態調査』の結果を発表します。本調査は、スマートフォンを所有する15歳~59歳の男女900名を対象にしています。

【調査結果の概要】

■10代の過半数が位置情報を利用したゲームアプリを利用
スマホユーザーが現在利用している位置情報アプリとして最も多いジャンルは「ゲーム」でした(44.4%)。年代別に見ると10代の「ゲーム」利用率が最も高く、51.0%でした。

■直近1年で、利用頻度が最も増えた位置情報アプリは「ゲーム」
位置情報アプリの利用者に、直近1年で利用頻度が増えた位置情報アプリのジャンルを聞いたところ、「ゲーム」が最も多く(42.8%)、次いで「クーポンアプリ」(34.5%)、「グルメアプリ」(23.3%)でした※。 ※複数回答あり。

■1年前と比べ、ポケモンGO利用率が最も落ちていないのは30代
スマホユーザーのうち、位置情報を利用したアプリであるポケモンGOを、「以前から継続的に利用している」人は16.3%でした。年代別に見ると、最も利用率が高いのは20代で(20.0%)、次いで30代(16.5%)でした。2016年7月の配信開始直後も利用率が最も高かったのは20代でしたが(60.7%)、1年間で利用率が最も落ちなかったのは30代でした(2016年7月時:25.5%)。

■ポケモンGOをやめた人の6割は、3カ月未満でやめる
ポケモンGOを以前は利用していたが、現在は利用していない人に、やめたタイミングを聞いたところ、利用開始後「1カ月未満」(26.9%)、「2カ月未満」(22.3%)、「3カ月未満」(13.9%)でした。あわせて63.1%が3カ月未満でやめていました。

■ポケモンGOユーザーの約7割は「課金はしていない」
現ポケモンGOユーザーの1カ月あたりの平均課金金額は、「500円未満」が10.2%、「1,000円未満」が8.8%、「1,000円以上」が12.3%でした。一方、 「課金はしていない」人は68.7%でした。

■ポケモンGOユーザーの約6割が出現ポケモンに合わせて歩く道順を調整
現ポケモンGOユーザーに、出現するポケモンに合わせて、歩く道順などを意識するようになったかを聞いたところ、「あてはまる」と答えた人は29.3%、「ややあてはまる」の人は34.7%で、合計で64.0%が歩く道順を調整していました。


【調査概要】
調査名:『位置情報アプリに関する利用実態調査』
調査期間:2017年7月18日(火)~7月24日(月)
調査対象:スマートフォンを所有する15歳~59歳の男女900名
調査方法:セルフ型ネットリサーチ Fastaskでのアンケート調査

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP