国内通信事業者のネットワーク設備投資市場予測 

2017年07月25日
IT専門調査会社 IDC Japanは、国内通信事業者のネットワーク設備投資(注) 市場の2016年下半期の実績と2017年~2021年の予測を発表しました。これによると2016年下半期の同市場は、前年同期比で19.9%減少し、2016年通年の市場規模は8,803億円となりました。

注: IDCでは、国内通信事業者のネットワーク設備投資について、通信事業者の「アクセス機器」「光伝送装置」「トランスポート」「無線インフラ」「ネットワーク管理」「コントロール」「ネットワークデプロイメント」等を対象とした市場と定義しています。

【調査結果サマリー】

・国内通信事業者の2016年下半期ネットワーク設備投資は、前年同期比19.9%減。2016年通年では13.0%減の8,803億円
・移動体通信事業者は、5Gサービス商用化に向けて、異業種企業との実証実験を本格化
・ネットワーク機器ベンダーは、5G技術標準化策定に積極的に関与し、5G無線インフラ機器開発を加速

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP