国内3Dプリンティング市場予測 

2017年07月19日
IT専門調査会社 IDC Japanは、国内3Dプリンティング市場の2015年~2016年の実績と2017年~2021年の予測を発表しました。

2016年の国内3Dプリンティング市場の総売上額は328億円で、前年比1.5%の増加でした。IDCでは、同市場の2016年~2021年の年間平均成長率(CAGR: Compound Annual Growth Rate)を11.7%、2021年の市場規模を571億円と予測しています。

【調査結果サマリー】

・2016年 国内3Dプリンティング市場は、前年比成長率1.5%、328億円
・2016年~2021年の年間平均成長率は11.7%、2021年市場規模は571億円と予測
・今後は応用分野の開拓、造形材料開発が成長のキーポイント

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP