47都道府県名産品調査(「北海道・東北地方」編) 

2017年07月12日
モンデリーズ・ジャパンは、47都道府県の地元民がおススメするご当地名産品ランキング調査を実施しました。

調査は、各都道府県の出身および在住者を対象に、地元民がおススメする「おつまみ」、「おかず」、「デザート」の3部門について聞いたもの。キャンペーン期間中に、47都道府県を7つのエリアに分けて、ランキング結果の詳細を毎週発表していきます。今回は、「北海道・東北地方」です。
「北海道・東北地方」、各道県の「おつまみ」「おかず」「デザート」のランキング結果は以下のとおりです。

<調査結果>

【北海道】
「おつまみ」は、王道の「鮭とば」(54.9%)が1位。2位の「ザンギ」(48.1%)は、「おかず」部門でも2位に支持されたほどの人気ぶりです。また、「おかず」部門の1位に輝いたのは、7割以上の票を集めた「ジンギスカン」(71.8%)で、北海道の名産品である海産物を抑えた結果となりました。「デザート」部門では、「マルセイ バターサンド」(62.1%)、「夕張メロンピュアゼリー」(53.9%)など、北海道定番のお土産が上位にランクインしました。

【青森県】
「おつまみ」部門では、「いかメンチ」(52.9%)が1位となり、2位の「なかよし」(32.0%)と20ポイント以上の差をつけた結果となりました。一方、「おかず」部門で特筆すべきは、3~5位に地元の汁物料理が続けてランクインしたことです。また、「デザート」部門では、日本一の生産量を誇る「りんご(フルーツ)」が74.3%と堂々の1位となり、2位にランクインした生でも食べられるほど甘い品種と言われるとうもろこしの「嶽きみ」(48.5%)と25ポイントの差をつけました。

【岩手県】
「三陸海宝漬」(56.8%)、「ホヤ」(51.9%)、「三陸わかめ」(40.8%)と、高級海産物が「おつまみ」トップ3にランクイン。「おかず」部門では、贅沢なブランド肉の「白金豚(プラチナポーク)」(48.5%)と「前沢牛」(46.6%)が僅差でトップ2に並びました。また、「デザート」部門で圧倒的人気を誇ったのは「かもめの玉子」(66.0%)で、次いで「くるみゆべし」(46.6%)など、岩手の銘菓と言われる製品が高順位につけました。

【宮城県】
「おつまみ」部門では、1位の「笹かまぼこ」(72.3%)と2位の「牛タン焼き」(67.0%)が、3位以下と30ポイントもの投票差をつけてトップ2にランクインしました。また、「牛タン焼き」は、「おかず」部門でも77.7%の得票率で1位の座を獲得するほどの人気ぶり。一方、「デザート」部門では上位3位がほぼ同率で、「萩の月」(64.1%)、「喜久福」(62.1%)、「ずんだもち」(60.2%)と全国的にも知名度の高い銘菓が並びました。

【秋田県】
「おつまみ」部門では、リッツのTVCMでお馴染みの「いぶりがっこ」が75%以上(75.7%)の得票率で、ダントツ1位に輝きました。「おかず」部門は、日本三大美味鶏の一つとして全国的に知られている「比内地鶏」(51.5%)、次いで「ギバサ」と「きりたんぽ鍋・だまっこ鍋」がそれぞれ48.1%を獲得し、同率2位にランクイン。「デザート」部門には、「ババヘラアイス」(60.7%)や「バナナボート」(50.0%)と、珍しい名前のスイーツが上位につけました。

【山形県】
「おつまみ」、「おかず」部門ともに1位に輝いたのは、山形県の家庭料理としても知られる「芋煮」(おつまみ:49.5%、おかず:79.1%)。「おつまみ」の2位は「おやつカルパス」(47.1%)。「おかず」の2位につけたのは、夏野菜を細かく切り、しょうゆやダシで味付けした郷土料理の「だし」(56.8%)でした。「デザート」部門では、日本一の生産量を誇る果物の名産品「ラ・フランス(フルーツ)」(71.8%)と「さくらんぼ(フルーツ)」(70.4%)がともに7割以上の圧倒的な支持を得て1位と2位を占めました。

【福島県】
「おつまみ」部門、「おかず」部門ともに1位となったのは、福島県の郷土料理「いかにんじん」(おつまみ:66.0%、おかず:63.1%)。ともに6割以上の支持を集めた人気の味となりました。「デザート」部門では、お土産でもお馴染みの「ままどおる」(63.6%)、「エキソンパイ」(44.2%)、「家伝ゆべし」(33.5%)が上位にランクインしました。


【調査概要】
モンデリーズ・ジャパン株式会社調べ(調査委託先:株式会社マクロミル)
調査期間: 2017年05月25日 (木)~5月26日(金)
調査対象:各都道府県の出身および在住の20代以上の男女、各都道府県206名(合計9,682名)
調査方法: インターネット調査

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP