国内企業におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)実現に向けた人材の状況や課題に関する調査 

2017年06月28日
IT専門調査会社 IDC Japanは、国内企業におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)実現に向けた人材の状況や課題に関する調査結果を発表しました。これによるとIDCでは、DXの実現にはIT部門だけでなく、事業部門、間接部門など業務部門(非IT部門)におけるデジタル技術知識/スキルの習得が重要度を増していると分析しています。

【調査結果】

・国内企業においては、IT部門、業務部門(非IT部門)ともに、デジタルトランスフォーメーション(DX)の本格化にあたって、業務部門のデジタル技術教育の必要性を認識
・一方、IT部門では、既存のシステム担当者とDX担当者との間でモチベーションの二極化も見られる
・ITベンダー、システムインテグレーターは、顧客企業のIT部門、業務部門双方に対してIT教育のサービスを実施し、企業のDX化を人材育成の側面から支援すべき

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP