国内ソフトウェア市場 2016年の実績と最新予測 

2017年06月26日
IT専門調査会社 IDC Japanは国内ソフトウェア市場の2016年の実績と2017年~2021年の予測を発表しました。IDCが定義するソフトウェア市場には、パッケージソフトウェア、SaaS(Software as a Service)、PaaS(Platform as a Service)の売上額が含まれます。

【調査結果】

・2016年の国内ソフトウェア市場は前年比成長率2.2%、ビッグデータの本格化や働き方改革に関連する市場が高い成長
・2017年は前年比成長率3.9%、2016年~2021年の年間平均成長率は4.3%と予測
・IoTやコグニティブ/AIシステムの活用拡大などデジタルトランスフォーメーションにおける取り組みがソフトウェア市場に新たな市場機会をもたらす
・ソフトウェアベンダーは従来型のソフトウェアビジネスから脱却し、クラウドネイティブに適したビジネスモデルを積極的に取り込むことが必要

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP