AIに関しての意識調査(アイアクト主催セミナー参加者対象) 

2017年03月29日
AI・コグニティブソリューションのアイアクトは、2017年1月~3月において「AIに関しての意識調査」を実施いたしました。

<調査結果トピックス>

●企業の「AI導入検討」は約4割。
2017年3月時点での割合、2017年中にもAIに関する情報や導入事例が増えてくるにつれ、更に期待が高まり、AI導入を検討する企業も増加するでしょう。

●社内のAIに関する人員、予算の確保は全体の約30%
国内ではまだまだ事例の少ない中で、2017年はAIへの関心が一段と高まり、企業では予算化や人員確保という動きにも発展、活発化していることがわかりました。

●AIを活用したい業務、1位:マーケティング、2位:営業、3位:製造・販売、5位:人事と、様々な業務での必須システムとなってくる可能性がうかがえます。

【調査結果】

◆AIについてどのようなものか知っていますか?
「ある程度知っている」が7割強という結果。AIへの認知度が高まっていることと、単なる情報収集から次のフェーズへ移行段階がうかがえます。

◆AIの回答と人間の回答どちらが信用できますか?
AIの回答、人間の回答、に比べ「どちらも場合による」という意見が85%と大半を占める結果に。

◆AIが家庭に普及するまであと何年かかると思いますか?
AIが仕事や家庭に普及する期間について、「業務」への普及は1年が31%、2年が34%なのに対し、「家庭」は3年以上が61%という回答。身近な生活への影響よりも業務への普及や影響が先と考えていらっしゃる方が多いようです。

◆家族や友人とAIについての話題が出ますか?
身近なところでもAIについて話題になるという方が半数以上。信頼のおける人とのコミュニケーションや情報の中から会話がなされることで、ますますAIへの意識が変わっていくのかも知れません。

◆自分の仕事がAIで楽になると思いますか?
「思う」と考える方が88%。仕事における生産性の向上やコスト削減など、AI導入の際のイメージが反映されている結果といえるでしょう。

◆自分の仕事がAIに取って代わると思いますか?
「思わない」が69%という結果に。AIを上手にシステムとして組み込んでいく想定をされている方も少なくないようです。

◆いつごろ自社にAIを導入したいと考えていますか?
すでにAIを導入検討中の企業が15%となり、今後1年~3年の期間を設けての希望をあわせると40%強という結果に。

◆現在、自社にAIに関する人員がいますか?
約30%の方がAIに関する人員を確保していることが判明。取り組みが本格化している企業も多いことがわかりました。

◆AIに関する予算を見込んでいますか?
人員に続きこちらも、30%の方がAIに関する予算を見込んでいる、との結果になりました。

◆予算を見込んでいる場合その額はいくら程度を想定していますか?
500万以内、1,000万以内、3,000万以内、がそれぞれ約10%となり、取り組み内容による価格レンジは企業によって様々ということがわかりました。

◆(AIを)どのような業務に適用したいと考えていますか?
マーケティング業務に適用したい方が圧倒的に多い結果に。続いて、営業、製造、販売、人事、物流、と様々な業務への適用が見込まれています。その他の業務として回答も複数ありましたので以下に抜粋しました。
・会計業務 
・コールセンター 
・教育
・放送字幕
・農業
・イントラネットにある情報の検索補助
・カスタマーサービス支援
・システム保守

◆AIで実現しようとしているのは?
「生産性向上」という意見が最多、次に「コスト削減」という回答が多い結果になりました。

◆どのような方法でAIについて情報を得ていますか?
国内での事例がまだ少ないAIについての情報は、インターネットで入手される方が多いようです。その次にセミナーやイベント、という回答が多い結果に。

◆AIで想起する製品やキーワードはなんですか?
「Watson」と「ディープラーニング」が同票最多。その他の記述では「Siri」という回答もありました。

◆AIについて期待することがありましたらご自由にご記入ください。
・業務の効率化によって残業時間を減らすことなどが可能になるのではないかと思いました。
・音声認識精度が上がると期待感UP!
・知識ツリーがBlackBoxになりやすいので、WEXなどで見える化できるのは良いですね
・実装、組込、ファーム化
・第二世代AIブームの際にもシステムを評価した事があるが、まるで使い物とならなかった。特に暗黙知を形式知にする過程において、そもそも専門家も体系だった頭の整理が行われなかったために電子化するに至らなかった。第三世代はこの部分をどの程度、これまでの蓄積データで置き換えるのか多少疑問は残るものの、ハード部分は確実に進化しており期待したいところである。
・サイトやDM、メール広告内で表示する宣材や商品とターゲット(広告配信先)のマッチングなどで活用


【調査概要】
調査名:「AIに関しての意識調査」
調査日:2017年1月20日、2月28日、3月21日の3日間
調査対象:アイアクト主催セミナー参加・アンケート回収者(n=138)

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP