朝と食事に関する調査(20代~50代男女対象) 

2017年06月30日
アントレックスは、20代~50代の男女500名に、朝と食事に関する調査を行いましたので、調査結果を発表します。
調査では「朝の時間に余裕がある人はモテるし、年収も高いのではないか」「朝ごはんを大事にするほどモテるのではないか」などといった、早めに起きる人の意外な特徴やメリットに加え「家に1年以上も使っていない調理器具がある人は半数以上」という衝撃の事実が明らかになりました。

【調査結果概要】

・朝の時間に余裕のある人はモテるし、年収も高い。
・朝ごはんを大事にする人ほどモテる
・家に1年以上使っていない調理器具がある人は半数以上(52.4%)
・朝ごはんを食べるようにして変わったこと7選

【朝と食事に関する調査結果詳細】

■朝の時間に余裕のある人はモテるし、年収も高い。

Vitamixは、朝の時間を効率化することを推奨していますが、実際に朝出かけるまでの時間に余裕を持つと、どのようなメリットがあるのでしょうか。調査では、衝撃の事実が明らかになりました。朝「早めに起きるほう」と回答した方は平均33.6%でしたが、一方で、年収800万円以上の人のみに聞いてみると、50.4%もの人が「早めに起きるほう」と回答しています。朝の起きる時間と、年収には相関関係があると言えそうです。

ちなみに、恋愛に関しても、朝の時間に余裕のある方が得することが明らかになっています。ご自身を「モテる方」だと回答した方と、平均の方の比較によると、平均の33.6%に対して、ご自身を「モテる方」だと回答した方の「早起き率」は57.1%と、大分かけ離れた結果となっております。
総合すると、「朝の時間に余裕のある人はモテるし、年収が高い」と、分かりやすく、朝の活動を重視した方がいいという結果となりました。

■朝ごはんを大事にする人ほどモテる!?

また、朝の時間を大事にすると、モテるというデータは、これだけではありません。朝ごはん、昼ごはん、夜ごはんで、何を一番大事にしているかという質問では、朝ごはんを一番大事にしている人は全体の17.6%しかいませんでしたが、ご自身を「モテる方」だと回答した方の中では、38.8%もの人が、朝ごはんを重視していました。
ちなみに、朝ごはんを重視している方に理由を聞いてみると、「一日が始まるときの活力になるから」(愛知県・51歳・女性)「一日のエネルギー補給」(大阪府・47歳・女性)など、朝を一日の起点と捉えている方が多い傾向にありました。朝を大事にしていると、活力が湧いてきて、仕事や、恋愛など色々なことにやる気が出てくるのでしょうか。

■家に1年以上使っていない調理器具がある人は半数以上(52.4%)

朝ごはんの話に紐づけて、ご自宅に、直近1年間使っていない調理器具がある人がどれほどいらっしゃるかの調査も行いました。調査では、半数以上の方が、直近1年以内に使用していない調理器具が家庭にあるという事実が明らかになりました。
中でも、「ジューサーやミキサー」と回答した方は最も多く、詳細を聞いてみると、「初めは毎日作っていたが、でかい機械なので邪魔になるし置く場所もなく 洗うのも大変なので今ではつかっていない」(大阪府・26歳・女性)「掃除が面倒」(神奈川県・42歳・男性)など、掃除に費やされる労力が面倒に感じている方が多くいらっしゃいました。また、圧力鍋と回答した方も多く、「手が掛かる料理をするのが面倒になったので」(東京都・36歳・女性)など、皆さん、料理や、その後片付けに、時間短縮を求める傾向にあるようです。
ジューサーミキサーの他には圧力鍋、ホットプレート、フードプロセッサーやたこ焼き機といった出し入れや手入れが面倒な調理器具が続きます。

■朝ごはんを食べるようにして変わったこと7選
朝ごはんを大事にすることによるメリットは、モテるだけではありません。ここでは、皆さんに聞いてみた朝食を食べるようにして変わったことを、いくつか具体的に紹介します。みなさん個人による差はあれど、基本的にいい効果が得られているようです。

・朝食を食べるようになってから、食後かだらが温まるようになり、健康的になった。
(東京都・53歳・女性)

・頭の回転が速くなった。(東京都)

・お腹が空かないので、仕事に集中出来る(東京都・28歳・女性)

・朝に活力が出るようになり、より仕事に集中できるようになった
(大分県・28歳・男性)

・大学に進学し部活動の関係で寮に入寮して、朝食を毎日食べるようになって試合のパフォーマンスが向上した。(東京都・27歳・男性)

・変な時間に空腹感がなく一日が快適になった(神奈川県・55歳・男性)

・朝からしっかり栄養をとっているという自覚があるからなのか、午前中の集中力や仕事の効率がよくなったような気がした。(神奈川県・30歳・女性)


【調査概要】
調査期間:2017年4月24日(月)~4月27日(木)
対象人数:500人(男女)
対象年齢:20代~50代
調査方法:インターネット調査

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP