東京の若者のライフスタイルに関する調査(東京都在住の18歳から29歳までの男女対象) 

2017年06月30日
ネストエッグは、「若者に関する調査」を実施しました。今回の調査は2017年4月28日から5月8日までの10日間、東京都在住の18歳から29歳までの男女347人を対象に行いました。
今回の調査では、若者が接しているSNSやメディア、お金の使い方を中心に若者のリアルなライフスタイルに焦点を当てました。

■  若者に最も人気のSNSはTwitter。10代では8割近くがポストしている。

18歳~19歳
・Twitter 77.9%
・Instagram 17.6%
・Facebook 4.4%

20歳~24歳
・Twitter 61.1%
・Instagram 22.2%
・Facebook 14.8%

25歳~29歳
・Twitter 52.4%
・Instagram 26.2%
・Facebook 16.7%

■  Instagramは 女性に人気。

ポスト(投稿)している
・男性 11.7%
・女性 39.6%

頻繁に見ている
・男性 15.6%
・女性 39.0%

■  Instagramユーザーは他のSNSユーザーよりも交際費が多い傾向。

■  Facebookユーザーは平均貯蓄額が多く、約30%の方は100万円以上。

■  最も利用している動画メディアは、「YouTube」。テレビの利用を上回る。

・YouTube 49.9%
・テレビ 30.3%
・ニコニコ動画 7.2%

■  自分のことを肉食系と回答した若者は全体の36%。草食系と回答した若者は64%.。肉食系は草食系と回答した方より年収が高い傾向にも関わらず、貯金をしていない方が約3割。

■  異性との出会いの機会は、「職場や学校」に続きインターネット・アプリ。「家族や友人の紹介」を上回る。


まとめ
Twitterは10代から圧倒的な支持を集めました。一方で、Facebookユーザーは年齢層が高く、約25%の方が平均貯蓄金額は100万円以上でした。Instagramは主に女性がポスト(投稿)・閲覧しており、ポストするユーザーは他のSNSユーザーと比べて交際費が多い結果となりました。そして、最も利用している動画メディアは、テレビを上回りYouTubeを利用していることが分かりました。
肉食系・草食系かを聞く質問では、自分を肉食系と思っている方のほうが年収は高いにも関わらず、貯蓄額では草食系と回答した方より少ない結果となりました。また、異性との出会いの機会は、職場や学校が最も多く、アプリやインターネットが続き、家族や友人の紹介を上回りました。

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP