フレーバーウォーターに関するアンケート調査 

2017年07月01日
マイボイスコムは、『フレーバーウォーター』に関するインターネット調査を2017年6月1日~5日に実施し、11,171件の回答を集めました。本調査は市販のフレーバーウォーターを対象とし、炭酸は除きます。

【調査結果TOPICS】

■フレーバーウォーターの飲用経験者は5割強、直近1年間の飲用者は4割強。若年層で比率が高い。飲用者のうち、週1回以上の飲用者は3割
■フレーバーウォーターの飲用意向者は3割強、若年層で高い。フレーバーウォーターの直近1年間の飲用者では7割強、飲用未経験者では約3%。ミネラルウォーターの直近1年間の飲用者では4~6割

【調査結果】

◆フレーバーウォーターの飲用経験、飲用頻度
フレーバーウォーターの飲用経験者は5割強です。直近1年間の飲用者は4割強で、若年層で高くなっています。「い・ろ・は・す みかん/りんご/もも/なし」が28.6%、「ヨーグリーナ&サントリー天然水」「朝摘みオレンジ/グレープ&サントリー天然水」が各10%台です。「ヨーグリーナ&サントリー天然水」は、20代で3割と他の層より高くなっています。

直近1年間のフレーバーウォーター飲用者に、飲用頻度を聞いたところ、「月に1回以下」が5割、「月に2~3回」が2割弱となっています。「週1回以上」は3割で、男性、特に男性20・30代で比率が高い傾向です。いろはす主飲用者では、「月に1回以下」が他の層よりやや高くなっています。

◆フレーバーウォーターの飲用場面
直近1年間のフレーバーウォーター飲用者の飲用場面は、「のどが渇いた時」が44.1%、「仕事・勉強・家事の合間」「レジャー・遊びの時」「お風呂上がり」が2~3割となっています。女性20代以上では、「のどが渇いた時」「レジャー・遊びの時」が上位2位です。カルピスの乳酸菌主飲用者では、「おやつの時」がやや高くなっています。

◆フレーバーウォーターの好きな風味・味
フレーバーウォーターで好きな風味・味は、「レモン」「オレンジ」「みかん」「桃、白桃」が直近1年間の飲用者の3~4割、「ヨーグルト」「グレープフルーツ」「リンゴ」が各2割となっています。一方、「トマト」「ミント」は1~3%と低くなっています。

◆フレーバーウォーター購入時の重視点
直近1年間のフレーバーウォーター飲用者の購入時の重視点は、「味」「価格」の他、「容量、サイズ」「香り」「メーカー」「カロリー」「成分、添加物」が各10%台で上位にあがっています。

◆フレーバーウォーターの飲用意向
フレーバーウォーターの飲用意向者は33.1%、若年層で高く、10代7割弱、20代5割弱となっています。また、フレーバーウォーターの直近1年間の飲用者では7割強、飲用未経験者では約3%です。ミネラルウォーターの直近1年間飲用者では4~6割、非飲用者では約9%です。


【調査概要】
調査対象:「MyVoice」のアンケートモニター
調査方法:インターネット調査(ネットリサーチ)
調査時期:2017年06月01日~06月05日
回答者数:11,171名
調査機関:マイボイスコム株式会社

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP