GWライフスタイルアンケート(魔法のiらんど女性利用者対象) 

2017年06月28日
KADOKAWAアスキー・メディアワークスが運営する、「ガールズエンタメ総研」は、2017年4月~5月のゴールデンウィーク期間に、魔法のiらんど利用者を対象に生活実態についてのアンケート調査「GWライフスタイルアンケート」を行いました。月のアルバイト代は高校生は3~5万円、学生は5~8万円がボリュームゾーン、学生の60%が月に1万円以上服を購入している、などの結果を得ました。

【調査結果のポイント】

◎高校生は約30%、学生は80%がアルバイトをしている
◎月のアルバイト代は高校生は3~5万円、学生は5~8万円がボリュームゾーン
◎高校生・学生ともにアルバイト先は飲食店が最多
◎高校生のお小遣いは月5,000円、学生は1~2万円がボリュームゾーン
◎お小遣いの使い道は、本とファッション。学生の60%が月に1万円以上服を購入

【調査結果】

■高校生&学生 アルバイトをしている? 月のアルバイト代は?

 高校生でアルバイトをしているのは約3割。アルバイト月収は3万円~5万円という回答が今回のアンケートでは約4割で、中には月収が10万円以上という回答も。学生になるとアルバイト率は8割になり、5万円~8万円が最多回答となります。高校生は学業優先、学生になるとしっかりアルバイトをする傾向が考えられます。

■学生のアルバイト先、多数を占めるのは飲食店

 高校生・学生ともに5割以上がアルバイト先として選んでいるのは「カフェ・喫茶店」「ファミレス」「居酒屋」などの「飲食店」。次点としてコンビニやスーパーなどの小売店が挙がります。身近にたくさんの店舗があり、応募しやすく、通勤しやすいアルバイト先が選ばれていると考えられます。

■高校生・学生 それぞれのお小遣い事情

 高校生のお小遣いは月に3,000円~5,000円程度がボリュームゾーン。保護者からもらうお金をメインに、やりくりしているようです。学生のお小遣いのボリュームゾーンは1万円~2万円と、高校生に比べ倍増しているものの、生活環境が変わることにより高校生よりも支出が増えているため、お小遣い自体の増え幅は小幅になっているものと考えられます。

■いま一番お金と時間を使っているものは? いくら使う? どこで買う?

 高校生は「本・漫画・雑誌」、学生は「ファッション」がそれぞれ1位となりました。魔法のiらんどユーザーの高校生は特に書籍に親しむ傾向が強いことが見て取れます。一方、学生ではファッションに最もお金と時間を使っています。学生になり行動や交際範囲が広がったこと、また、制服がなくなり私服通学がほとんどになることなどから、より他人や異性の目を気にするようになり、ファッションへの支出が増えると考えられます。

 高校生と学生では、月に5,000円以上本を買う割合に大きな違いが出ています。学生はアルバイトなどでお小遣いに余裕ができ、好きな本を多く買うようになると考えられます。一方、購入方法は高校生と学生で大きな差は見られません。書店での購入がもっともポピュラーなようです。

 高校生はお小遣いの制約からか、3,000円以下という回答が4割を占めています。学生になると、一気にファッションに使う金額がアップ。6割が1万円以上使うと回答し、2万円以上使う割合は高校生と比べ3倍以上になっています。一方、購入方法は高校生と学生で大きな違いは見られません。


【調査概要】
アンケート名:GWライフスタイルアンケート
アンケート実施期間:2017年4月26日(火)~5月17日(火)
アンケート方法:インターネットによるアンケート回答、自由回答
アンケート対象:魔法のiらんど利用者
回答者数:1,946件(女性のみ)

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
リンク先リサーチPDF
 マイページ TOP