海外旅行調査2017(2016年の海外旅行経験者対象) 

2017年06月27日
リクルートライフスタイルに設置された海外旅行に関する調査研究機関「エイビーロード・リサーチ・センター」は、2016年に海外旅行をした18歳以上の男女を対象に、渡航先や満足度、今後の海外旅行意向に関して調査をしました。

投票結果の要約

【2016年海外旅行の実態】
■海外旅行実施率は13.6%、過去3年間で数値に変化はみられない
・2016年のレジャー渡航率は13.6%で、この3年間ほぼ数値に変化はみられなかった。

■レジャー渡航先は「台湾」が3年連続1位。2位は「ハワイ(オアフ島)」、3位の「韓国」は渡航率が増加に転じる
・レジャー渡航先は「台湾」が18.8%、前年からさらに2.9pt数値を伸ばし、3年連続で1位を獲得した。3位の「韓国」(12.1%)は渡航率の減少傾向に歯止めがかかり、前年から2.1pt増加。エリア別ではヨーロッパが3.5ptの減少。
・同行者別ランキングでは【ファミリー(親連れ家族)】 【カップル】【友人】【一人旅】の4部門で「台湾」が1位を獲得。

■渡航先満足度は「西ヨーロッパ諸国」が1位、「東ヨーロッパ諸国」が2位。ベスト10のうち5つをヨーロッパ圏が占める 
・渡航先満足度ランキングは、「西ヨーロッパ諸国」が前年4位から1位に上昇。2位に「東ヨーロッパ諸国」、3位に「アメリカ西部」。ベスト10のうち5つをヨーロッパ圏の国や地域が占める結果となった。

【今後の海外旅行動向】
《2016年海外旅行経験者》
■2017年に海外旅行に「行った/行きたい」人の割合は82.8%。人気渡航先は1位「ハワイ(オアフ島)」、2位「台湾」、3位「韓国」
・2017年に海外旅行に「行った」「行きたい」人の割合は合わせて82.8%、2015年(79.6%)を底に増加傾向。具体的な希望渡航先は、1位が「ハワイ(オアフ島)」、2位が「台湾」、3位「韓国」。

■今後行きたい渡航先は1位「イタリア」、2位「フランス」、3位「スペイン」
・「イタリア」が10年連続、不動の1位。「フランス」が前年3位から1ランクアップ。

《海外旅行未経験者》
■行ってみたい渡航先は、1位「ハワイ」、2位「イタリア」、3位「オーストラリア」 
・「フランス」が前年2位から4位へ後退、4.9ptの減少。


≪調査概要≫
・調査名 :エイビーロード『海外旅行調査2017』
・調査目的 :海外旅行者の予約状況・消費行動、および人気の渡航先・今後行きたい渡航先を把握する
・調査対象:
 スクリーニング調査: 関東・関西・東海の3地域より抽出した18歳以上の男女
 本調査: 2016年の海外旅行経験者(出発月が2016年である海外旅行)
・調査期間:
 スクリーニング調査: 2017年3月8日(水)~3月21日(火)
 本調査: 2017年 3月21日(火) ~ 3月24日(金)
・調査方法 :インターネット調査( (株)インテージのインテージ・ネットモニターを利用)
・調査対象数:
 スクリーニング調査:258,896人、調査回収数:78,976人(回収率 30.5%)、調査集計数:77,430人
 本調査:7,712人、調査回収数:5,261人(回収率 68.2%)、調査集計数:4,986人

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP