IT専門調査会社 IDC Japanは、国内ブロックチェーン関連ソリューション市場予測を発表しました。

【調査結果サマリー】

・国内ブロックチェーン関連ソリューション市場の2016年~2021年の年間平均成長率は 133.0%、2021年市場規模は298億円と予測
・当初は、金融分野への投資が多いが、中長期的には非金融分野への投資が金融分野を上回る
・処理速度やスケーラビリティ不足などの課題克服が成長のキーポイント

国内ブロックチェーン関連ソリューション市場の市場規模は今後急速に拡大し、2021年には298億円、2016年~2021年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は133.0%になるとIDCでは予測しています。同市場には、ブロックチェーンを基盤にしたシステム構築や運用のためのクラウド基盤、ネットワーク、ハードウェア、ソフトウェア、プロフェッショナルサービスなどへの支出が含まれます。ブロックチェーンは「改ざんできない」「ゼロダウンタイム」などの特徴を持つ分散台帳技術です。仮想通貨ビットコインの基盤システムとして生まれ、FinTechの中核技術の一つとして大きな関心を集めてきました。

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP