国内ビッグデータ/アナリティクスソフトウェア市場予測 

2017年06月08日
IT専門調査会社 IDC Japanは、国内BAソフトウェア市場を調査し、2021年までの同市場の予測を発表しました。

【調査結果サマリー】

・2016年国内ビッグデータ/アナリティクスソフトウェア市場規模は2,282億6,000万円、前年比成長率8.0%の高成長
・クラウドデータウェアハウス(DWH)の成長が継続したことに加え、大手企業におけるオンプレミスのDWHの大規模投資も重なった
・データの利用価値は企業内部での活用にとどまらず、外部との交換可能な資産としてより高まる。市場規模は年間平均成長率8.4%で成長し、2021年に3,419億800万円に達すると予測

IDCではビッグデータ/アナリティクスソフトウェア市場を、分析情報管理/統合基盤、BI/分析ツール、パフォーマンス管理/アナリティクスアプリケーション市場の3つの中分類市場と中分類市場に含まれる16の機能別市場に分けて市場規模予測を行いました。これによると、2016年の国内ビッグデータ/アナリティクスソフトウェア市場は、前年比8.0%増の高い成長率を記録し、市場規模は2,282億6,000万円となりました。2016年の国内ビッグデータ/アナリティクスソフトウェア市場はクラウド型DWHソリューションの好調が継続している一方で、オンプレミス型の製品においても大型の導入が続き大きな成長を果たしました。企業はクラウドとオンプレミスの併存するデータアナリティクス環境を利用しています。

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP