国内第3のプラットフォーム市場 産業分野 企業規模別予測 

2017年06月07日
IT専門調査会社 IDC Japanは、国内第3のプラットフォーム市場における2017年~2021年の産業分野別および企業規模別の予測を発表しました。

【調査結果サマリー】

・2017年の国内第3のプラットフォーム市場は、13兆2,126億円、前年比成長率は6.1%を予測
・消費者市場の成長は鈍化し、企業分野と公的分野の第3のプラットフォーム支出が拡大する
・金融、製造、小売、運輸/運輸サービス、公共/公益分野、官公庁において堅調に拡大
・金融の「Fin Tech」のサービス化や製造業のIoT実装の本格化、小売や運輸業における人手不足を補うための第3のプラットフォーム活用が同市場を牽引する
・SMB(Small and Medium Business:中堅中小企業)におけるソーシャルやクラウド、大企業のビッグデータ活用が進む

2017年の国内第3のプラットフォーム市場規模(支出額ベース)は13兆2,126億円、前年比成長率は6.1%を見込んでいます。2016年~2021年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は4.3%、2021年の同市場規模は15兆3,460億円と予測します。企業分野のCAGRが7.4%、公的分野のCAGRは6.7%であり、同0.3%で横ばいの消費者市場を除き、いずれの産業分野も堅調に拡大を続けますが、前年比で二桁増になる産業分野はなく、2017年以降、国内第3のプラットフォーム市場は安定した成長期に入るとIDCではみています。

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP