2018年卒マイナビ大学生就職内定率調査(6月15日時点) 

2017年06月19日
マイナビは、2018年卒業予定の全国大学生、大学院生を対象とした「2018年卒マイナビ大学生就職内定率調査(6月15日時点)」の結果を発表しました。本調査は、6月1日を迎えてから中旬に至るまでの内々定状況を調査するため、特別に実施したものです。

<調査結果の概要>

■ 6月15日時点の内定率は5月末から14.4pt増加の67.7%。前年6月末の内定率を超える
前年よりも早いペースで進捗している学生の就職活動状況を鑑み、本年は6月1日の選考活動開始直後である6月9日から6月15日の期間で、大学生・大学院生の内々定率の臨時調査を実施した。
6月15日時点の大学生・大学院生の内々定率は67.7%となり、5月末から半月で14.4pt増加した。6月半ばにして、前年の6月末の内々定率(65.3%)を早くも超える結果となった。
文理男女別の内々定率は、文系男子が66.1%(5月末比15.3pt増)、文系女子61.1%(5月末比14.0pt増)、理系男子74.8%(5月末比14.7pt増)、理系女子72.8%(5月末比12.3pt増)となり、5月末から最も増加したのは文系男子となった。理系については、男女間で内々定率の差が少なく、男女ともに既に7割を超えている。


<特別調査>「2018年卒マイナビ大学生就職内定率調査(6月15日時点)」調査概要
【調査方法】  『マイナビ2018』の会員に対するWEBアンケート
【調査期間】 2017年6月9日(金)~6月15日(木)
【調査対象】 2018年3月卒業見込みの全国の大学4年生、大学院2年生
【有効回答数】8,168名(文系男子1,617名、文系女子3,640名、理系男子1,666名、理系女子1,245名)
※正式内定は10月以降となるため、文中では「内々定」と表記しています

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP