2017年度 タブレット端末に関する市場動向調査 

2017年06月08日
ICT総研は6月8日、タブレット端末市場に関する調査結果をまとめた。

【調査結果サマリー】

■ 2016年度のタブレット端末市場は866万台で2年連続減少、2017年度は897万台へ。
■ 2016年度のAndroidタブレットは402万台でシェア46.4%、iPadとWindowsは減少。
■ 個人ユーザーの所有率トップはiPadで16.1%。Androidタブレットは13.9%で次点。
■ 顧客満足度1位はiPadで78.8%、マイクロソフトSurfaceは73.5Pで昨年から低下傾向

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP